峯山夜叉

提供: SMpedia
移動先:案内検索
峯山夜叉 (1951- 2016 )

ほうざん やしゃ、1951年(昭和26年)- 2016(平成28年)2月16日

概要

緊縛師。大阪にて「サロン乱縛」、緊縛講習会「縛り塾」を主宰していた。

別名

Yasha Houzan

略歴

1970年前後、20才前にSMの面白さを覚えて実践[1] [注 1]

1990年代から緊縛に魅了され、独自に学習[1]

2008年(平成20年)頃、「サロン乱縛」を定期開催。

2008年(平成20年)2月、「夜叉流縛り塾」を開催。

2016(平成28年)2月16日、永眠。

エピソード

  • 縛り方は「本業である機械据付という職業からえたところが多い」[1]
  • 扇縛り」「夜叉流股縄」などが代表的な縛り[1]
  • 「緊縛は責め」という実践を重視し、アート的な縛りはおこなわない[1]

代表作

緊縛教材

「夜叉流縛り塾」(DVD, 2008)

雑誌


引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 日本緊縛師列伝 第1回 大阪夜叉マニア倶楽部2010年(平成23年)9月号

注釈

  1. (1990年代までは)「追い求めていたのは、女の羞恥の姿」「緊縛はそれを引き出すための手段の1つ」

お役たちweb

つながり