高手小手

提供: SMpedia
移動先:案内検索

たかてこて

概要

高手(たかて)とは肩から肘(ひじ)までの部位を指し、小手(こて)とは肘から手首までの部位を指す、つまり肩から手首までを主に背の後ろに回して縛りあげる緊縛手法の総称であり、流派や文献などによって縛り方が異なる。

後手高手小手の別名として用いる場合と、「両手首を背中の高い位置で縛る」状態を表す要素語として用いる場合がある。

別名

後手高手小手

英語表記

Takatekote、TK

解説

【用法1】両手を背のうしろに回し、首から肘(ひじ)、手首にかけて厳重に縛り上げること。また、そのさま[1]

【用法2】いわゆる後手高手小手で、特に手首を背中の高い位置(後手高手小手の【用法3】)で縛る技法を指す時に使われることがある。後手高手小手の省略形のような使い方である。

【用法3】「両手首を背中の高い位置で縛る」状態を表す要素語として用いる。この場合、単独で用いる場合もあるが、前後に他の要素語を伴い「高手小手○○縛り」などとなる場合が多い。この用法の場合、乳房の上と下を走る胸縄を必要としない。

参考となる緊縛教材(印刷物)

参考となる緊縛教材

文学に見る高手小手

  • 口承文芸として形成した説話、説教節の代表作でもある『山椒太夫』には「丹波の穴太より、尋ね出だし、高手小手に縛めて、国分寺へぞ引きたりける」のように、「高手小手」が使われていたようだ。他にも「愛護若」にも「いたわしや若君を、高手小手に縛め、桜の古木に吊り」と出てくる[2]。口承文芸なので「高手小手」の起源は不明だが、正本としては17世紀までさかのぼることができる。
  • 1678年(延宝6年)の菱川師宣古今役者物語』の中の「山ぜうだゆふ あんじゆのひめ(三庄太夫 安寿の姫)」に「いたはしやひめ君を、たかてこてにいましめて」とある[3]
  • 1840年代(天保)の歌川國貞の春画『繪本開談夜之殿』には「寄つてかゝつて高手小手にくゝしつけ」と、高手位置での後手縛り(胸縄はない)が描かれている。少なくともこの時期に「高手=高い位置」の解釈があったことを示す。
  • 1923年(大正12年)の真鍋儀十『地獄の黎明』(星風堂, 1923) ,p16に「何の咎で高手小手のいましめ」という章がある。
  • 奇譚クラブ1952年(昭和27年)1月号、笠置良夫『山窩のおろく』(挿絵:宮内三郎)の中に「おろくは高手小手に縛られていた」という表記が出てくる。
  • 奇譚クラブ1952年(昭和27年)4月号、岡田咲子巫女屋敷の責め絵巻』の中に「落ちている荒縄で高手小手に縛り上げ」という表記が出てくる。
  • 奇譚クラブ1952年(昭和27年)7月号、染田玄『色情倒錯者の手紙』の中に「両手を高手小手に縛り上げ」という表記が出てくる。

絵画に見る高手小手

引用文献

  1. 小学館 国語大辞典 1988
  2. 東洋文庫「説教節」(平凡社)
  3. 『江戸時代文芸資料』(図書刊行会, 1916)

注釈

お役たちweb

関連ページ