志村立美

提供: SMpedia
移動先:案内検索
志村立美 主婦と生活 1952年(昭和27年)10月号より

しむら たつみ、1907年(明治40年)2月17日 - 1980年(昭和55年)5月4日。戦前、戦後の日本画家、挿絵画家。美人画で有名で、主婦の友・婦女界などの雑誌の口絵で人気が出る。須磨利之が影響を受けたのではとの指摘もある。

概要

美人画家、挿絵画家。主婦の友・婦女界などの雑誌の口絵で人気が出る。「丹下左膳」の挿絵などで岩田専太郎と並ぶ人気画家となる。晩年、日本画、美人画へ回帰。

別名

志村仙太郎

略歴

1907年(明治40年)2月17日、群馬県高崎市に生まれる。

横浜市中区へ移住。

1924年(大正13年)、山川秀峰に入門[注 1]

1976年(昭和51年)、『美人百態』で日本作家クラブ賞。

エピソード

作品

  • 舟橋聖一『満月』(大元社, 1947)[注 2]のカバー。
  • 山手樹一郎『夫婦八景』主婦と生活 1952年(昭和27年)10月号の挿絵。
  • 志村立美かんざし』(大日本絵画, 1978)

引用文献

  1. 千草忠夫美濃村さんと私S&Mスナイパー1992年(平成4年)7月号

注釈

  1. 当時、山川秀峰は鏑木清方同門の伊東深水と共に、挿絵での活動もしていた。 山川秀峰の推薦を受け、立美も挿絵での活動を行うようになる。
  2. 発行者:久保藤吉、印刷者:久保宇之助、製本者:久保長吉

お役たちweb

つながり