歌川國貞

提供: SMpedia
移動先:案内検索
歌川國貞繪本 開談夜之殿』1826年(文政9年)より

うたがわ くにさだ、1786年(天明6年)-1865年(元治元年)12月15日。江戸後期・幕末の浮世絵師。歌川豊國の弟子で三代目歌川豊國となる。1826年(文政9年)の『繪本 開談夜之殿』では高手小手縛りの構図が見れる。

概要

江戸後期・幕末の浮世絵師。歌川豊國の弟子で三代目歌川豊國となる。役者絵や美人画で人気を博す。1820年代後半から1841年の天保の改革まで多数の枕絵を発表。

別名

english三代目歌川豊國、角田庄五郎、五渡亭・香蝶楼・一雄斎、琴雷舎、北梅戸、富望山人、富望庵、桃樹園、月波楼、喜翁、浮世又平、不器用又平

略歴

1786年(天明6年)、本所の材木問屋に生まれる。6歳で歌川豊国の門下。

1825年(文政8年)、初代歌川豊國が永眠。「香蝶楼」という新しい号を用い始める。

1826年(文政9年)、『繪本 開談夜之殿[注 1]を発表。

1841年(天保12年)5月〜1843年(天保14年)9月、水野越前による天保改革で遊女を題材とすることや、歌舞伎役者の似顔、名前、紋などを浮世絵に描くことが禁じられる。

1844年(弘化元年)、豊國を襲名。

1860年(万延元年)三代目歌川豊國作による明烏雪浦里雪責めに合う浦里と附きそう「禿(かむろ)みどり」(遊女見習)

1865年(元治元年)12月15日、永眠。

エピソード

  • 江戸後期・幕末は「歌川派」に属する國貞、國芳、広重が人気を博した。
  • 歌川派」は、歌川豊春(1735~1814)を開祖とし、初代歌川豊國(1769~1825)で地位を確立。
  • 伊藤晴雨の母方の祖母は読書を好み、5才の伊藤晴雨柳亭種彦の『偐紫田舎源氏[注 2]』の話をしばしば聞かせた。
  • 門人に豊原国周歌川国輝
  • 渓斎英泉の影響を受けたとされる。

代表作

引用文献

注釈

  1. 第1巻第2話の場面2に「寄つてかゝつて高手小手にくゝしつけ」と、高手位置での後手縛り(胸縄はない)が描かれている。
  2. 「にせむらさきいなかげんじ」。紫式部の『源氏物語』を下敷きにした当時人気の長編合巻。挿絵は歌川國貞

お役たちweb

つながり

江戸時代 捕縄術 江戸時代の責め 伝統芸能の中の責め 歌川国芳 勝川春章 歌川國貞 月岡芳年 落合芳幾 明治大学博物館 發花杖 江戸三座 中将姫の雪責め 明烏夢泡雪 魁駒松梅桜曙微 白木屋お熊 澤村田之助 草双紙