歌川国輝

提供: SMpedia
移動先:案内検索
精ぐらべ玉の汗歌川貞重1825年(文政8年)作。

うたがわ くにてる、19世紀江戸時代後期の絵師。歌川國貞の門人。貞重、国彦、芳艶の名も。合巻草双紙を多く手がけ、刺青の下絵作者でもあった。『精ぐらべ玉の汗』では後手縛りが。

概要

江戸時代後期の絵師。歌川國貞の門人。合巻草双紙を多く手がける。歌川芳艶と競って刺青の下絵を作った。

別名

歌川國輝歌川貞重、二代歌川国彦歌川芳艶、太田金次郎、五蝶亭、新貞亭、独酔舎、一雄斎、雄斎、一泉斎、一心斎

略歴

体内十界之圖歌川国輝1886年作。

1847年(弘化4年)頃、歌川貞重から歌川国輝に改名。

1855年(安政2年)、二代歌川国彦と改名。

エピソード

作品

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり

江戸時代 捕縄術 江戸時代の責め 伝統芸能の中の責め 歌川国芳 勝川春章 歌川國貞 月岡芳年 落合芳幾 明治大学博物館 發花杖 江戸三座 中将姫の雪責め 明烏夢泡雪 魁駒松梅桜曙微 白木屋お熊 澤村田之助 草双紙