岩田専太郎

提供: SMpedia
移動先:案内検索
岩田専太郎  りべらる1947年(昭和22年)2月号より

いわた せんたろう、1901年(明治34年)-1974年(昭和49年)。富永謙太郎志村立美らとともに「御三家」と呼ばれた戦前戦後を代表する挿絵画家。伊藤晴雨とも交友があった。堂昌一が私淑。

概要

戦前戦後を代表する挿絵画家。吉川英治、大佛次郎、江戸川乱歩などの挿絵を手がけた。時代考証、文筆家としても知られる。伊藤晴雨とも交友関係があった模様。

別名

english

略歴

1920年(大正9年)、講談雑誌3月号の竜斎貞山「音羽屋火事」、斎藤金鴬「床下の小函」の挿絵を担当。

1924年(大正13年)、プラトン社から創刊された『苦楽』で挿絵担当。

1930年(昭和5年)、江戸川乱歩の連載小説『魔術師』(講談倶楽部)、『吸血鬼』(報知新聞)の挿絵担当。

エピソード

代表作

引用文献

注釈

  1. 高月大三戦後の挿繪に現れた女の責め場奇譚クラブ 1953年(昭和28年)5月号, 口絵で紹介されている。

お役たちweb

つながり