井川洗崖

提供: SMpedia
移動先:案内検索
井川洗崖 講談倶楽部 1924年(大正13年)頃より

いがわ せんがい、1876年(明治9年)-1961年(昭和36年)

概要

専業挿絵家のパイオニアでもある。富岡永洗に師事する。晩年は美人画を描く。

別名

english

略歴

1876年(明治9年)、岐阜県に生まれる。

富岡永洗に師事する。

1906年(明治39年)、都新聞に入社。中里介山の『氷の花』や『荒野の義人』の挿絵を描く。

エピソード

  • 村田誠一戦前戦後の挿絵に現れた責め縛り繪奇譚クラブ 1953年(昭和28年)8月号, 口絵で紹介されている。
  • 伊藤晴雨が1920年(大正9年)秋頃に、佐原キセの妹[注 1]を吊して撮影した写真を基に、井川洗崖が書いた吊るし責めの絵があるようだ[1]
  • 「女の責場を写生に依って描かんとした」とある[2]
  • 「都新聞で”小松嵐”や”堀のお梅”で幾多の傑作を遺している」[2]

代表作

引用文献

  1. 伊藤晴雨吊り責めさまざま風俗草紙1954年(昭和29年)1月号, p113
  2. 2.0 2.1 伊藤晴雨責め場の今昔奇譚クラブ1956年(昭和31年)10月号, p88

注釈

  1. 当時17才。東京美術学校に通って着衣のモデルをしながら、延壽太夫に清元を習っていた。後の清元櫻比呂。

お役たちweb

つながり