青山涼子

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
オサダ・ゼミナールでの青山涼子(愛染恭子)の緊縛。ショック創刊号のグラビアから。

あいぞめ きょうこ、1958年(昭和33年)-

概要

女優、映画監督。

別名

愛染恭子 青山涼子

略歴

1975年(昭和50年)、ピンク映画デビュー。

1976年(昭和51年)、代々木忠が設立したタレント事務所「アクトレス」の所属タレントに。青山涼子の名前。

1970年代後半頃、オサダ・ゼミナールにモデルとして出演 [1]

1980年頃、伊藤清美愛染恭子一座の一員としてストリップデビュー。

1981年(昭和56年)、『白日夢』に主演し、「本番女優」として注目を集める。愛染恭子と改名。

1981年(昭和56年)12月21日、代々木忠の『淫欲のうずき』に主演。

1983年(昭和58年)1月、十三のストリップ劇場で公然わいせつ罪で現行犯逮捕。

2010年(平成22年)、引退作品である団鬼六原作『奴隷船』に出演。緊縛は奈加あきら

エピソード

代表作

映画

写真集

ビニ本

引用文献

注釈

  1. 第5回ローマ国際映画祭EXTRA部門出品

お役たちweb

つながり