白日夢

提供: SMpedia
移動先:案内検索
1981年(昭和56年)版『白日夢』のSMシーン。

谷崎潤一郎の戦前の戯曲。SM場面があり、'64, '81, '87, '09と映画化され話題に。'81は上田青柿郎が、 '87は志摩紫光が緊縛指導。

概要

谷崎潤一郎の戦前の戯曲。SM場面があり、'64, '81, '87, '09と映画化され話題に。'81は上田青柿郎が、 '87は志摩紫光が緊縛指導。

別名

歴史

1926年(昭和元年)、「中央公論」9月号に谷崎潤一郎が戯曲『白日夢』を発表。

1959年(昭和34年)、2月26日〜5月5日、日劇ミュージックホールで『白日夢』(原案:谷崎潤一郎、出演:小浜奈々子瞳はるよ花浦久美島淳子、特別出演:益田隆矢田茂春川ますみ)

1964年(昭和39年)、武智鉄二による『白日夢』の最初の映画化。

1981年(昭和56年)、武智鉄二による『白日夢』の再映画化。愛染恭子佐藤慶 の「本番シーン」が話題となる。

あらすじ

歌手・葉室千枝子が歯科治療中の麻酔から白日夢の世界へ。歯科医から責めを受け、それを助けようとする千枝子の恋人で画家の倉橋。

映画

エピソード

代表作

関連文献

お役たちweb