谷崎潤一郎

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日-1965年(昭和40年)7月30日。

概要

明治末期から昭和にかけて活躍した近代日本文学を代表する小説家。その耽美的な作品に影響を受けたと述べているSM関係者が少なくない。

別名

english

略歴

1886年(明治19年)7月24日、日本橋に生まれる。

1924年(大正13年)3月、大阪朝日新聞に『痴人の愛』を連載開始。

1948年(昭和23年)5月27日、谷崎潤一郎常磐座での川端康成原作『浅草紅団』『デカメロン・ショー』を観劇[1]

1959年(昭和34年)、2月26日〜5月5日、日劇ミュージックホールで『白日夢』(原案:谷崎潤一郎、出演:小浜奈々子瞳はるよ花浦久美島淳子、特別出演:益田隆矢田茂春川ますみ)

2018年(平成30年)10月21日、アートスペースサンライズホールにて『詩縄』。一部:谷崎潤一郎春琴抄」(出演:ふぅ灯月いつかはるうらら)、二部:谷崎潤一郎刺青」(出演:おとなわ鈴乃月葉川合瑞恵

エピソード

代表作

引用文献

  1. 細江光戦後の谷崎潤一郎--新資料に寄せて』(甲南女子大学研究紀要, 1999)
  2. 室井亜砂二 gazette vol.1より(HPより)

注釈


お役たちweb

つながり