江戸時代の責め

提供: SMpedia
移動先:案内検索

江戸幕府の拷問

笞打石抱海老責釣責の4種。そのうち笞打石抱海老責は「責問」あるいは「牢問」と呼ばれ牢屋で執行された、釣責のみが「拷問」と呼ばれた[1]

資料

参考

Mixiに掲載されていたみか鈴氏の「江戸時代の拷問について」

引用文献

  1. 佐久間長敬『徳川政刑史料 拷問實記』(南北出版協会, 1893)

注釈

お役たちweb

つながり

江戸時代 捕縄術 江戸時代の責め 伝統芸能の中の責め 歌川国芳 勝川春章 歌川國貞 月岡芳年 落合芳幾 明治大学博物館 發花杖 江戸三座 中将姫の雪責め 明烏夢泡雪 魁駒松梅桜曙微 白木屋お熊 澤村田之助 草双紙