豊原国周

提供: SMpedia
移動先:案内検索
1860年(万延元年)豊原国周による坂東三津五郎演ずる浦里雪責め場面。

とよはら くにちか、1835年(天保6年)6月30日-1900年(明治33年) 7月1日。幕末から明治にかけての絵師。「役者絵の国周」。伊藤晴雨が「芝居の似顔絵で責場の傑作が甚だ多い」「自ら女の被縛画をかくのが道楽であったらしく」と評す。

概要

幕末から明治にかけての絵師。歌川國貞の門人。「役者絵の国周」と称されるように歌舞伎役者の絵が人気[1]

別名

english、荒川八十八、一鶯斎、豊春楼、花蝶斎、花蝶楼、華蝶斎、華蝶楼、一桃、歌清舎、曹玄子、米翁、鶯斎

略歴

1835年(天保6年)6月30日、東京に生まれる。

1848年(嘉永元年)、歌川國貞に弟子入り。

1900年(明治33年) 7月1日、永眠。

エピソード

  • 伊藤晴雨其の頃を語る(三) 明治期の被縛画家奇譚クラブ1953年(昭和28年)8月号, p28で解説されている。
  • 「芝居の似顔絵で責場の傑作が甚だ多い」[2]
  • 「貧乏此上なし」「年中酒の気を絶やしたことがない」「酒を呑むと女の責め場を書く癖」「自ら女の被縛画をかくのが道楽であったらしく」[2]
  • 「明治の写楽」と称せられる[1]
  • 住いと妻を変えることが癖[1]

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 Wikipediaより
  2. 2.0 2.1 伊藤晴雨其の頃を語る(三) 明治期の被縛画家奇譚クラブ1953年(昭和28年)8月号, p28

注釈


お役たちweb

つながり