秦豊吉

提供: SMpedia
移動先:案内検索
秦豊吉(1982-1956)

はた とよきち、1892年(明治25年)-1956年(昭和31年)。元東京東宝劇場社長。戦後すぐの[帝都座]での「額縁ショー」(ストリップのはしり)興行、浅草『ロック座』の開設に関わると同時に「丸木砂土」の変名で執筆活動。

概要

仕掛人。実業家。執筆家。

別名

丸木砂土

略歴

1892年(明治25年)、東京に生まれる。7世松本幸四郎の甥にあたる。

1910年代、東京帝国大学ドイツ文学科[注 1]を卒業後、三菱合資会社に入社。

1919年(大正7年)、三菱合資会社(後の三菱商事)のベルリン支店開設のため訪独[注 2]。ドイツ滞在中も、「新潮」「文藝春秋」などに盛んに寄稿[1]

1921年(大正10年)、ドイツ表現主義映画の代表作、『カリガリ博士』(ローベルト・ヴィーネ監督, 1920)の日本上映に関与していたらしい。

1925年(大正14年)、日本初の新劇の常設劇場である「築地小劇場」の客員となる[1]

1926年(昭和元年)、ドイツから帰国。三菱商事の総務部。

1929年(昭和4年)、レマルクの『西部戦線異状なし』翻訳作品が大ヒット。

1930年(昭和5年)、『性科学全集 第一巻』の序文を執筆。

1932年(昭和7年)頃、『文藝春秋』の座談会で菊池寛秦豊吉小林一三を紹介[2]

1933年(昭和8年)、小林一三に誘われ、三菱商事を退社し、総支配人として東京宝塚劇場の開設準備。

1934年(昭和9年)1月、東京宝塚劇場の開設。

1936年(昭和11年)、日劇ダンシングチーム(NDT)の初公演を指揮[注 3]。この時、佐谷功、益田隆をスタッフとして招く[2]

1938年(昭和13年)、小林一三が後楽園スタヂアムを買収し、東宝系列になる。秦豊吉は専務取締から、戦中に会長職。戦後も会長職を続ける。

1940年(昭和15年)11月、東京東宝劇場の第3代社長。同時期、帝都座が東京東宝劇場の経営下となる。

1943年(昭和18年)、東京東宝劇場と東宝映画が合併し、東宝株式会社となる。

1946年(昭和21年)頃、帝都座5階劇場を新しくレビュー劇場としてオープンすべく準備の指揮。当時帝都座の社長であった。

1947年(昭和22年)1月、帝都座5階劇場のオープンとして『ヴィナスの誕生』(18景)[注 4]が開幕。15日まで。脚本:佐谷功、構成・振付:益田博[注 5]、ヴィナス役:中村笑子(えみこ)[注 6]。一日3回公演で料金は20円[2]

1947年(昭和22年)、後楽園スタヂアムで昭和天皇・皇后と野球を観戦[2]。野球ブームの仕掛け人。

1947年(昭和22年)8月、浅草『ロック座』が開設[注 7]。秦豊吉が顧問[2]

1948年(昭和23年)、『マダム』1948年(昭和23年)3月号(no.2)に丸木砂土、東郷青児、田村泰次郎の座談会。

1950年(昭和25年)、公職追放が解除。帝国劇場社長となる。

1956年(昭和31年)、胃ガンにより没。

エピソード

  • 7世松本幸四郎は本名秦金太郎で、11代目市川団十郎、12代目市川団十郎、8代目松本幸四郎、初代辰之助、中村芝雀などが続く歌舞伎一族。秦の家系のルーツは三重県で栄えた秦氏で能や狂言を担っていた(web情報)。
  • マルキ・ド・サドにあやかり「丸木砂土」のペンネーム。
  • 谷崎潤一郎の『友田と松永の話』は秦豊吉がモデル。
  • 秦豊吉、久米正雄、山本有三、菊池寛とは第一高等学枚時代の同級生。

作品

翻訳

  • ゲーテ、秦豊吉訳『若きヱルテルの悲み』(新潮社, 1917)
  • ゲーテ、秦豊吉訳『ファウスト』(聚英閣, 1926)
  • レマルク、秦豊吉訳『西部戦線異状なし』(新潮社, 1929)
  • シユニッツレル、丸木砂土訳『西洋十夜』(文藝春秋出版部, 1929)
  • ミュッセ著、丸木砂土訳『世界猟奇全集1 歓楽の二夜』(平凡社, 1930)

著作

映画

  • 『たそがれの湖』(東宝映画, 1937)原案。

参考資料

  1. 1.0 1.1 國﨑彩『1920年代(1920-1926)ベルリンにおける秦豊吉』(早稲田大学21世紀COEプログラム, 2008)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 『特集:ヴィーナスの誕生』季刊『the 座』第22号(こまつ座, 1992)

注釈

  1. 在学中にゲーテの『若きエルテルの悲しみ』を翻訳。
  2. ドイツが第一次世界大戦に敗戦した年でもある。この時の経験が、戦後の活動に大きく影響。
  3. 1944(昭和19)年3月1日に政府によって公演停止命令が命じられるも、1945(昭和20年)12月復活(web情報)。
  4. 唄(中村哲、田千鶴子)と踊りとコントで構成。この中の12景にボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を模した『額縁ショー』が登場。
  5. 秦豊吉と共に『額縁ショー』のポーズを決めた。当時は動くことは許されなかった。
  6. 本名:松本エミ。当時29歳。銀座のおでん屋に生まれ、日劇ダンシングチーム第一期生。渡米修行の経験有り。戦中は軍隊慰問をおこない、戦後は後輩の指導をおこなっていた。
  7. 初代オーナーは草野稲穂で秦の知人。こけら落としで踊ったのはメリー松原。

お役たちweb