香山滋

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

かやま しげる、1904年(明治37年)7月1日 - 1975年(昭和50年)2月7日

活動内容

文筆家。映画『ゴジラ』の原作者としても有名な探偵・怪奇幻想小説家。SM関係では、風俗草紙耽奇小説夫婦生活などに作品発表している。

別名

山田鉀治(こうじ、本名)

略歴

1904年(明治37年)7月1日、東京神楽坂に生まれる。

1921年(大正10年)、東京府立四中を卒業[1]

1920年代、法政大学経済学部に入学。

1925年(大正14年)、大蔵省に入省[1]

1937年(昭和12年)、大蔵省の機関誌『財政』へ投稿した短歌が採用されて以降、短歌作家として活動[注 1]

1947年(昭和22年)、「オランペンデクの復讐」で小説家デビュー。

1948年(昭和23年)、第1回探偵作家クラブ新人賞を受賞。

1949年(昭和24年)、大蔵省退任[1]

1954年(昭和29年)、風俗草紙1月号, p122に『不具の妖精』を発表。挿絵は秋吉巒

1954年(昭和29年)5月、映画『ゴジラ』の原作担当[注 2]

1958年(昭和33年)、耽奇小説に『何処かで見た女』を発表。

1975年(昭和50年)2月7日、心不全により死去

エピソード

  • 没後間もなく、『幻影城』昭和50年5月号にて追悼特集が組まれた。
  • 1993年から1997年にかけて三一書房から『香山滋全集』が刊行され、ほぼ全ての創作小説が収録された。
  • 乳房にフェチシズムを感じていたのか、「ソロモンの桃」や「恐怖島」では乳房の刺青が重要なキーワードになっている。

代表作

書籍

  • 「オラン・ペンデクの復讐」1947年(昭和22年)
  • 「海鰻荘奇譚談」1947年(昭和22年)
  • 「エル・ドラドオ」1948年(昭和23年)
  • 「月ぞ悪魔」1949年(昭和24年)
  • 「遊星人M」1955年(昭和30年)- 1956年(昭和31年)
  • 「キキモラ」1957年(昭和32年)

雑誌

映画

  • ゴジラ』(東宝, 1953.11)(監督:小林一三、特撮:円谷英二、原作:香山滋、音楽:伊福部昭、出演:宝田明 河内桃子 平田昭彦 志村喬)

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 山口良子、竹内博編『香山滋年譜』in『香山滋全集』別巻

注釈

  1. 。昭和20年代まで『蒼生』や『定型律』へ短歌を発表
  2. プロデューサーだった田中友幸が香山滋のファンで、水爆を象徴するような大怪物という意図で「G作品」の原案とシナリオを香山滋に飛び込みで依頼。香山滋は1週間で仕上げる。

お役たちweb

つながり