中村笑子

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
中村笑子

なかむら えみこ、1918年(大正7年)頃-?。日劇ダンシングチーム第一期生。戦後エロ文化の幕開とも言える1947年(昭和22年)1月1日、帝都座五階劇場のオープンとして上演された『ヴィナスの誕生』でヴィナス役。

概要

ストリップの起源とも言われる帝都座での『額縁ショー』1947年(昭和22年)1月1日の第1回公演でモデルとなった。この時はまだ静止ポーズのまま露出度も低いものであったが、大きな反響をよび戦後エロ文化の幕開けを告げた。

別名

english、松本エミ(本名)

略歴

1918年(大正7年)頃、銀座のおでん屋「お多幸」の娘として生まれる[1]

1936年(昭和11年)、日劇ダンシングチーム第一期生。

1937年(昭和12年)頃、渡米。ロサンジェルス在住の松本幹と結婚[2]

1940年(昭和15年)頃、単身帰国[2]

戦中は軍隊慰問。

1945年(昭和20年) 頃、戦後は日劇ダンシングチーム後輩の指導をおこなっていた。

1947年(昭和22年)1月1日、帝都座五階劇場のオープンとして上演された『ヴィナスの誕生』でヴィナス役。『額縁ショー』の最初。

1948年(昭和23年)11月、『陽気なプラジレイラ』を最後に日劇ダンシングチームを退団。夫の待つ米国に渡る[2]

エピソード

  • 渡米修行の経験があり。

代表作

引用文献

  1. 田中小実昌、吉村平吉、メリー松原正邦乙彦、樋口四郎『われら線中ストリップ派』in 「カストリ復刻版」日本出版社, 1975年(昭和50年)
  2. 2.0 2.1 2.2 「日劇レビュ-史」106~107p

注釈


お役たちweb

つながり

秦豊吉 帝都座 ストリップ