菊池寛

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

きくち かん、1888年(明治21年)12月26日 - 1948年(昭和23年)3月6日

概要

小説家としても有名だが、雑誌関係の実業家としても活躍。特に、『夫婦生活』や東京三世社につながる雑誌を創刊していることに注目したい。

別名

english

略歴

1888年(明治21年)12月26日、香川県高松に生まれる。

1923年(大正12年)1月号、春陽堂から『文藝春秋』創刊。

1930年(昭和5年)、文藝春秋社から『モダン日本』創刊[注 1]

1932年(昭和7年)頃、『文藝春秋』の座談会で菊池寛秦豊吉小林一三を紹介[1]

1933年(昭和8年)、富永謙太郎菊池寛の新聞小説「結婚街道」の挿絵でデビュー。

1933年(昭和8年)3月、『』(文藝春秋社)創刊。

1935年(昭和10年)、「直木賞」の設置。

1945年(昭和20年)3月、戦火が激しくなり『文藝春秋』が休刊。

1945年(昭和20年)10月、『文藝春秋』復刊。

1946年(昭和21年)3月、菊池寛文藝春秋社を解散。佐々木茂索が文藝春秋新社を設立。

1946年(昭和21年)6月、進駐軍に、それまでいた大阪ビルの接収を受け、その裏の幸ビルに移転。

1947年(昭和22年)10月、菊池寛と佐々木茂索は公職追放。

1948年(昭和23年)、『』の出版権を増永善吉に譲る[注 2]

1948年(昭和23年)3月6日、狭心症により永眠。

エピソード

  • 菊池寛の文藝春秋社と鱒書房は同じ内幸町の幸ビルにあり、菊池寛増永善吉は旧知の仲であった[2]
  • 秦豊吉、久米正雄、山本有三、菊池寛とは第一高等学枚時代の同級生。

代表作

引用文献

  1. 『特集:ヴィーナスの誕生』季刊『the 座』第22号(こまつ座, 1992)
  2. 花田紀凱の戦後雑誌風雲録

注釈

  1. 2年後にモダン日本社として独立。戦時中は『新太陽』に改名、戦後は新太陽社から復刊。1950年に『別冊モダン日本』として再生。1951年に廃刊。『別冊モダン日本』を作っていた牧野英二が吉行淳之介、津久井柾章(名和青朗・名和左膳)と共に三世社を設立。
  2. 1949年(昭和24年)6月には『夫婦生活』と改題。

お役たちweb

つながり