人間探究

提供: SMpedia
人間探求から転送)
移動先:案内検索
人間探究 1950年(昭和25年)5月創刊号
伊藤晴雨刑罰と性慾』 in 人間探究 1951年(昭和26年)5月増刊号。
伊藤晴雨今昔○談(ぼくのおもいでばなし)[注 1]』 in 人間探究 1952年(昭和27年)2月15日 第21号

にんげんたんきゅう高橋鐵が中心となり1950年(昭和25年)に創刊された性科学月刊誌。1953まで。伊藤晴雨が、自伝をはじめ精力的に記事を書いていた。

概要

「文化人の性科学誌」として高橋鐵が中心となり第一出版社から1950年(昭和25年)5月に創刊された月刊誌。第一出版社は、『人間探究』を発行するために、高橋鐵が『改造』の編集長らと共に作ったとされている。カストリ雑誌最後期の雑誌として分類されるケースもある。

発行年・出版社

1950年(昭和25年)5月〜1953年(昭和28年)8月、第一出版社から探究社へ。

発行人・編集人

編集人:奥田十三生

発行人:酒井孝堀井清

編集・発行人:石川四司 (第14号,第22号)

主な出来事

1950年(昭和25年)、5月号創刊号。編集人:奥田十三生、発行人:酒井孝で定価70円。高橋鐵が主幹[1]

1950年(昭和25年)9月、坂ノ上言夫生殖伝説について人間探究1950年(昭和25年)9月号, p13

1951年(昭和26年)1月15日、第8号,

p49, 伊藤晴雨本邦春画略史
p70, 伊藤晴雨高橋鐵天國か地獄か 男子相性愛者の集い

1951年(昭和26年)2月15日、第9号

p16, 伊藤晴雨春畫功罪論 本邦春画略史2

1951年(昭和26年)5月1日、人間探究 第11号 増刊 『性と犯罪特集』発行。

編集・発行人:堀井清
伊藤晴雨刑罰と性慾

1951年(昭和26年)9月、人間探究 第16号 増刊 『日本性人物史』発行。

1952年(昭和27年)2月15日、人間探究 第21号。

伊藤晴雨今昔○談(ぼくのおもいでばなし)[注 1]』連載開始。

1952年(昭和27年)2月15日、人間探究 第22号。

大宅壮一比企雄三藤澤衛彦

1952年(昭和27年)、編集上の食い違いから高橋鐵が去る[1]

1953年(昭和28年)6月1日、六・七月合併号。発行所は探究社。編集・発行人は奥田十三生。定価95円。

1953年(昭和28年)8月、通算34号[注 2]で終刊[1]

主な執筆陣

高橋鐵 伊藤晴雨 斎藤昌三 武野藤介 宮武外骨 坂ノ上言夫 吉田機司 吉田精一 雪吹周 小野常徳 岡田甫 岡本薫 神近市子 小倉ミチヨ 青山繁 森銑三 伏見沖 白銀万雅野

表紙画

浜田稔(昭和27年11月号)

エピソード

  • 創刊号の内容は「グラビア 人類性生活五万年史・裸体美をどう見る?」「マルクス=レーニンの性生活」高橋鐵「性行為に於ける表情の研究(性感度の鑑別法)」「討論会 社会問題としての性=神近市子・羽仁説子・高橋鐵」など。
  • 同時期に、高橋鐵あまとりあ社(=久保書店)から『あまとりあ』を出していた。
  • 1952年(昭和27年)に『秘版艶本の研究 別冊人間探究』が2冊出ている。

引用文献

注釈

  1. 1.0 1.1 「○」は「竹冠に愚」の創作漢字で、式亭三馬が用いていた。
  2. 別冊も含めて。

お役たちweb

つながり