矢野浩祐

提供: SMpedia
移動先:案内検索
矢野浩祐いそのえいたろう「超B級フーゾク大全集」(水声社, 1996)より。

やの こうすけ、1939年(昭和14年)12月1日-

概要

仕掛人。ストリップ劇場道頓堀劇場のオーナー。芸能プロダクションの「ニュースタッフエージェンシー[注 1]」社長[1]。1980年代にストリップのアイドル路線を確立。

別名

略歴

1939年(昭和14年)12月1日、小倉に生まれる[2]

1970年(昭和45年)1月、新たに開場した道頓堀劇場の支配人。

1996年(平成8年)7月、矢野浩祐が宇田川にミニシアター「シアターD」を開設。和田勉演出、小川美那子主演の『愛奴』の公演。

1996年(平成8年)11月27日〜12月3日、道頓堀劇場シアターDと名前を変えて、「SMテクノ・オブセッション『ジェームス・ボンデージは二度死ぬ』」。企画:高須基仁矢野浩祐、原作:森園みるく、演出:観音崎呉夫、出演:明智伝鬼

1999年(平成11年)、矢野浩祐が札幌に札幌道頓堀劇場を開設。

2001年(平成13年)、矢野浩祐が渋谷に道頓堀劇場を再オープン。

2002年(平成14年)5月2日、矢野浩祐ロフトプラスワンでの高須基仁プロデュース復活「変態性欲ナイトVol.27」に出演。【Guest】ゴージャス松野、倉木パパ、道頓堀劇場矢野社長、須藤甚一郎、七海玲央、さかもと未明

エピソード

  • 清水ひとみ、スージー明日香、エンゼルマコ、結城沙也加、名鳥舞、影山莉菜などのアイドル路線のストリッパーを生み出す。
  • 若手時代のラサール石井、渡辺信行、レオナルド熊などが舞台に出ていた。
  • 長男は矢野康弘シアターDのオーナー。

作品

著作

  • 矢野浩祐『渋谷道玄坂百軒店より愛をこめて』(ライトプレス, )

映画

引用文献

  1. 『渋谷「道頓堀劇場」主のストリップバカー代 矢野浩祐』in いそのえいたろう「超B級フーゾク大全集」(水声社, 1996)
  2. 日名子暁ストリップ血風録―道頓堀劇場主・矢野浩祐伝』(幻冬舎, 1998.12)

注釈

  1. 杉兵助、清水ひとみなどが所属。

お役たちweb

つながり

代々木忠 高須基仁