廣木隆一

提供: SMpedia

概要

中村幻児の助監督から監督に。ピンク映画で同性愛映画、SM映画などを撮影。伊集院剛ユニットの一員であると証言(MidnightEyeによるインタビュー)。

別名

廣木隆一 廣木H・R Dragon 廣木Lion隆一 小暮修

略歴

1954年(昭和29年)1月1日、福島県郡山市に生まれる[1]

1980年代、大学進学で上京するが中退。アテネフランセの映画技術美学講座で学ぶ[1]中村幻児他の助監督[1]

1982年(昭和57年)、『性虐!女を暴く』 でデビュー[1]

1980年代、伊集院剛ユニットの一員としてSM関連の映画の作成。

1986年(昭和61年)、にっかつのプロデューサーだった千葉好二鶴英次と共に制作会社、フィルムキッズを設立[2]

1994年(平成6年)、奨学金を獲得して渡米[1]

2000年(平成12年)、『不貞の季節

2003年(平成15年)、『ヴァイプレータ』で第25 回ヨコハマ映画祭、監督賞他五部門を受賞。

2007年(平成19年)、『縛師』の公開。

2015年(平成27年)、処女小説『彼女の人生は間違いじゃない』発表。

2017年(平成29年)、『彼女の人生は間違いじゃない』の映画化。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Wikipediaより
  2. 金田敬 私信 to U, 2021.4.20

注釈


お役たちweb

つながり