丸尾長顕

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

なまえ、19xx年(昭和xx年)-

概要

仕掛人。

別名

略歴

1952年(昭和27年)3月16日〜31日、日劇5階『日劇小劇場』に日劇ミュージックホールがオープンし『東京のイヴ』が上演。東宝社長であった小林一三の指示[注 1]。プロデュースは丸尾長顕[注 2]。越路吹雪を迎えて開幕[1]

作品

エピソード

引用文献

  1. 広岡敬一『戦後性風俗体系 わが女神たち』(朝日出版社, 2000)

注釈

  1. 小林は最初、エロ抜きを考えていたようだが、第1回越路吹雪公演が悲惨な入りだったために、次第にエロ路線に。
  2. 文芸作家で宝塚歌劇団の文芸部長だった。「エロチシズムは種族保護本能の発露」と主張。

お役たちweb

つながり