枷井克哉

提供: SMpedia
移動先:案内検索
濡木痴夢男が講師をしていた解語の花の1979年(昭和54年)5月13日の撮影会での枷井克哉の作品。モデルはミレーヌみゆき。

かしい かつや(生年不明)。70-80年代の写真家。濡木痴夢男をして「(彼こそ)伊藤晴雨の精神を継ぐ」と言わしめる。蜂胴マニアで蝋燭責めも好む。アンダー気味の作品が特徴

熱海旅館で1986年(昭和61年)5月4日におこなわれた緊美研の第5回会合。モデルは神谷琴絵。写真は枷井克哉緊美研通信第17号(1996.9)より。


概要

写真家。文筆家。緊美研の古い会員。

別名

Katsuya Kashii、浅野美樹[注 1]豊幹一郎稲田乾二[注 2]枷井克也

略歴

1976年(昭和51年)11月14日、星野小麿主宰KPCの分科会の1つとして第1回『解語の花』が百花苑で開かれ枷井克哉は会員として参加。講師は濡木痴夢男。モデルは深美ジュン[1]

1977年(昭和52年)4月2日、第6回撮影会『解語の花』が東劇スタジオにて開催。

1979年(昭和54年)5月頃になると、緊縛師、写真家に焦点が当てられ、枷井克哉の名前で仕事をし始める。

1981年(昭和56年)2月、SMグラフティ2月号に枷井克也の名でカラー緊縛写真が。枷井克哉か?

1996年(平成8年)夏、この頃から体調を崩す[2]

エピソード

  • 蜂胴マニアで、また肋骨が浮き出るほど痩せた女性が好み。肋骨美、骨体美を主軸とした被虐美の中に『惨』を感じ、それが常に『美』と重なる。また蝋涙責めを好んだ。[3]
  • 戦後、赤線が廃止された頃、吉原、浅草六区にヌードスタジオが乱立した。枷井はこのようなスタジオの通い、写真を撮っていた。ただし、通常この手のヌードスタジオでは簡単には写真は撮らせてくれない。やがてこの種のヌードスタジオはソープやピンク・キャバレーの出現です衰退[3]
  • 枷井克哉ロック座カジノ座セントラル美人座百万弗劇場などのヌード小屋に通い詰め隠し撮りをしていた。後には許可を得て撮影。銀座のヌード劇場に比べて照明が暗いのが好みに合っていた。ヌード劇場でおこなわれるSMショーは芝居がかっているということで興味を持たなかった[3]
  • 月明かりのような最小限の照明を重視。アンダー過ぎて印刷が難しかった。また、緊縛写真に「動き」を持ち込んだのも枷井とされる。[3]
  • 『これまで何十人というカメラマンとつきあってきたが、この枷井カメラマンこそ、伊藤晴雨の精神を継ぐ、唯一の人間だ』(濡木痴夢男)[3]
  • 豊幹一郎[注 2]ユニットのカラー写真は全て不二が撮影した。
  • 百花苑」「熱海旅館」「けごん旅館」などを撮影によく使う。緊美研の初期の撮影は「熱海旅館」が使われる[3]
  • 永井荷風を崇敬[3]

代表作

熱く悶えてSMプレイ情報1982年(昭和57年)11月号
熱く悶えてSMプレイ情報1982年(昭和57年)11月号

写真

  • 1978年(昭和53年)SMコレクターの巻頭グラビアに豊幹一郎として初登場[注 2]。その後「豊幹一郎の世界」「豊幹一郎の縄の世界」「豊幹一郎の撮影同行記」と名をかえて連載。
  • 枷井克哉廃屋に荒縄が唸る小説SMセレクト1978年(昭和53年)10月号
  • 1979年(昭和54年)SMコレクターの田代摩耶をモデルに使った作品は代表作。向島「百花苑」で撮影されたもの。田代摩耶は素人モデル。
  • 熱く悶えてS&Mスナイパー1989年(平成元年)3月号

小説・エッセイ

脚注

  1. 濡木痴夢男仕事メモ
  2. 緊美研通信再19号
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 『日本緊縛写真史 1』 (秋田昌美、濡木痴夢男、不二秋夫。1996, 自由国民社)。

ノート

  1. 正確には枷井克哉の草案に濡木痴夢男が小説的脚色を加えてこのペンネームで作品を発表している。(日本緊縛写真史)
  2. 2.0 2.1 2.2 豊幹一郎稲田乾二は緊縛が濡木痴夢男、カメラが枷井克哉、カメラアシスタントが不二秋夫の合体プロジェクト名。「ゆたか編集室」という名義で雑誌の仕事を請け負っていた。これが緊美研の母体(日本緊縛写真史より)。

お役たちweb

つながり

星野小麿 濡木痴夢男 枷井克哉 須賀忠 不二秋夫 解語の花 KPC 緊美研 ゆたか編集室