トーク:枷井克哉

提供: SMpedia
移動先:案内検索

風俗奇譚 8208 増刊号 2,100円 - 198208 文献資料  A5 カラー緊縛/恋縄の秘園枷井克哉の世界他 デッサンに見る晴雨画伯の無残絵 切腹秘話/飛行服を濡らす女 読者手記

浅野美樹というペンネームで書かれた凄烈なマニア小説「蜂の胴惨歌」

『蜂の胴・賛歌』裏窓1962年(昭和37)年9月号 高木鉄

http://chimurin.blog48.fc2.com/blog-entry-134.html

http://chimurin.blog48.fc2.com/blog-entry-169.html

http://chimurin.blog48.fc2.com/?mode=m&no=134&m2=res

、深瀬

1977年(昭和52年)4月2日、第6回撮影会『解語の花』が東劇スタジオにて開催。モデルは森れい子で。濡木痴夢男によると枷井克哉好みのモデル。撮影会の終了後に、枷井克哉森れい子のプライベート撮影をなんとかして欲しいと濡木痴夢男に依頼し、濡木痴夢男はこの時に初めて枷井克哉の存在をはっきりと意識する[1]

1977年(昭和52年)4月11日、濡木痴夢男枷井克哉に頼まれて、森れい子をモデルにしたプライベート撮影の緊縛[1]

  1. 1.0 1.1 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「nurekiwork」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません