豊幹一郎

提供: SMpedia
移動先:案内検索

ゆたか かんいちろう。1970年代に濡木痴夢男枷井克哉不二秋夫らがからなる「ゆたか編集室」で作られた架空の緊縛師。ほぼイコール濡木痴夢男と考えてよいであろう。

別名

稲田乾二濡木痴夢男枷井克哉不二秋夫

概要

1970年中期、緊縛師濡木痴夢男、写真家枷井克哉、同不二秋夫サン出版などのSM雑誌の緊縛グラビアを撮る時につけたユニットとしての名前。したがって、豊幹一郎=濡木痴夢男とするのは必ずしも正確ではなく、豊幹一郎=(濡木痴夢男枷井克哉不二秋夫+他、あるいはそれらの組合せ)の場合もある。単純に豊幹一郎濡木痴夢男と考えてもよいケースもあるので複雑である。SM奇譚では、稲田乾二を使っていた[1]。同様のユニット名に伊集院剛などがある。

歴史

1970年(昭和45年)、豊幹一郎ユニットは「ゆたか編集室」という名義で雑誌の仕事を請け負っていた。これが緊美研の母体となる[注 1][1]

1978年(昭和53年)、SMコレクターの巻頭グラビアに初登場。その後「豊幹一郎の世界」「豊幹一郎の縄の世界」「豊幹一郎の撮影同行記」と名をかえて連載[1]

1982年(昭和57年)4月14日、バンビデオに初めて出演。『豊幹一郎の緊縛入門』『SMドキュメント 緊縛と蝋燭の色地獄』を撮影。女優は水原小夜、カメラは峰一也[2]。これらはバンビデオ豊幹一郎名の、「豊幹一郎のSMドキュメント Part 1 緊縛蝋涙責め」「豊幹一郎のSMドキュメント Part 2 How to Bondage」として発売された模様[3]

1982年(昭和57年)、SMコレクター5月号に「実戦シリーズ 縛り方入門 豊幹一郎」がある[3]

1984年(昭和59年)、SMファンに『豊幹一郎の唯縄士独尊』連載。

引用文献

注釈

  1. この1970年は、枷井克哉の出現時期などから照らして早すぎるのではないか?70年からあった「ゆたか編集室」に、やがて枷井克哉不二秋夫、須賀が非常勤でメンバとして参加し、70年代後半から豊幹一郎ユニットとして活動したのではないか?