自由国民社

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概説

「現代用語の基礎知識」の発行元として有名な出版社であるが、戦前にルーツをもつ老舗出版社でもある。1990年代後半にSMの歴史書としては貴重な存在の『日本緊縛写真史 1』や他のサブカルチャー関連書籍を一時出版するが、その後は同種の出版はおこなわれていない。

歴史

1928年(昭和3年)、長谷川國雄によりサラリーマン社として創業。

1943年(昭和18年)、商号を時局月報社に変更

1948年(昭和23年)、雑誌「自由国民」の別冊として「現代用語の基礎知識」を発刊

1949年(昭和24年)、商号を株式会社自由国民社に変更

1956年(昭和31年)7月、『艶笑アダムとイヴ全集』(「現代生活のパイブル」No.39)が摘発[1]

所在地

東京都豊島区高田3-10-11

代表的な雑誌・書籍

雑誌

  • 伊藤晴雨昔の拷問と責めのいろいろ』in 「自由国民別冊 犯罪と性不安をふせぐバイブル」1951年(昭和26年)6月、自由国民社

書籍

エピソード

引用文献

  1. 城市郎発禁本 明治・大正・昭和・平成 城市郎コレクション』別冊太陽 (1999, 平凡社)

注釈

お役立ちweb

つながり