捕縛

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
嶽収一『捕縄雑考奇譚クラブ1953年(昭和28年)5月号より
久富鉄太郎 『警官必携拳法図解』(1882)の捕縄の掛け方のイラスト。
1988年(昭和63年)頃のSMビデオの編集現場で、自作『濡心流捕繩術秘傳之書』を眺める濡木痴夢男
藤田西湖図解捕縄術』(1995)より。


ほじょうじゅつとりなわじゅつ

概要

戦国時代に戦術として発達したが、江戸時代に入り、犯罪者の捕縛拘禁法として大成された縄を用いた武術、逮捕術。ただし、江戸以外にも各藩がそれぞれの流派をかかえ、独自の法体系を確立していた[1]江戸時代には同心の必須武術であり、明治期の警視庁に継承されていた[2]。昭和SMの緊縛に少なからぬ影響を与えている。

別名

捕縄術 捕縄 取縄術 捕縛術 捕縛 縲繋之術 枷術[3]

捕縄術と昭和SM

戦後、辻村隆濡木痴夢男明智伝鬼など、多くの緊縛師が捕縄術の技法を参考にしながら、昭和SMの緊縛スタイルを開発してきた。その意味で、捕縄術は、昭和SMに一定の影響を与えているが、決して捕縄術から昭和SMが誕生したわけではない。昭和SMの緊縛の父ともいえる伊藤晴雨が、歌舞伎などの芝居から影響を強く受けて責めの美学を確立したことから考えると、昭和SMのルーツは武術ではなく、大衆文芸にあると考えるべきである。

主な歴史

1530年(天文)頃、この頃に確立した武術、「武内流」が捕縄術の始まりではないかと板津安彦は推察している[4]

1700年(延享)、徳川吉宗の命により柳生流・亀井孫六重村が各藩伝来の十手術・捕縄術を抜粋し『江戸町方十手術』をまとめる。捕縄術は『江戸町方本縄扱様』『江戸町方早縄扱様』とされた[4]

1871年(明治4年)、司法省警保寮が創設。

1879年(明治12年)、『茨城県警吏必携』に「捕縛」に関する通知が。

1888年(明治21年)、久富鉄太郎 『警官必携拳法図解』に捕縄の掛け方のイラスト。

1962年(昭和37年)2月、裏窓名和弓雄日本拷問史 一』が連載開始。この頃から江戸時代に拷問や刑罰に興味が集まる。その流れで捕縄にも言及のある記事が増える。

1964年(昭和39年)10月27日、小森白関東の『日本拷問刑罰史』が公開。この頃からエロチックな責め場を売りにした映画作品が増える。江戸時代の設定が多いため、時代考証などにSM関係者が関わる機会も増えた模様。

1970年(昭和45年)、辻村隆が篠田正浩『沈黙』での早縄シーンに関して助言[注 1]

1980年代中頃、この頃濡木痴夢男がが熱心に捕縄術を研究していた模様。濡木痴夢男緊縛教材(印刷物)にも多くの捕縄術緊縛が登場。

1987年(昭和62年)12月20日、名和弓雄拷問刑罰史』が出版。捕縄についても解説。

1992年(平成4年)9月15日、板津安彦与力・同心・十手捕縄』が出版。

1995年(平成7年)9月28日、藤田西湖図解捕縄術』が出版。

1995年(平成7年)、志摩紫光がビデオ『縛りと責めのテクニック1 女囚古縛』を製作。

1990年代後半、この頃明智伝鬼がが熱心に捕縄術を研究していた模様。「渡し縄」の再現が有名。

2011年(平成23年)6月1日、板津和彦一達流捕縄術』が出版。

SM雑誌での捕縄術

トピック

早縄と本縄

早縄

速縄、仮縄、仮縛、捕手縄とも呼ばれ[3]、容疑者をとりあえず確保する場合にかける縄。

本縄

本式縄、護送縄、堅縄とも呼ばれ[3]、すでに捕らえた容疑者を押送する場合にかける縄。

流派

江戸時代には流派は150以上、縛り方とその名称は300種以上あったと言われている。

主な流派

流派あ行

浅山一伝流東流、 跡見櫟流、 荒木流、 荒木流拳法、 安藤流、 猪谷流池田流石黒流、 一條流、 一角流一乗不二流一達流一傳流一刀流今川流、 円流、 円空流、 小野流御家流

流派か行

海道流、 梶原流香取流、 上柄流、 眼心流、 起倒流扱心流気楽流楠流日下流、 日下真流、 日下新流日下夢想流鞍馬楊心流源海流、 謙信流、 劍流劍徳流、 黒川流捕縄術、 講神館流、

流派さ行

榊山流、 笹井流佐々木流三抜謙信流至心流師心流志真古流四心古流、 紫山流、 四条流、 常慎流諸賞流、 沙門流、 神流新海流心外無敵流、 新心流、 心照流、 新撰流、 神道無想流、 真之神道流、 新無双流、 心極流新影治源流新影新抜流、 真陰流柔術、 清心流、 鈴木流、 須田流制剛流、 関口流柔術、 関口新心流、 禅家一流、 禅家明侍流、

流派た行

大学流、 大正流、 大征流、 高須流、 高尚流、 瀧本流、 竹内流、 竹之節流、 宅間営流、 地間戸流、 同心吉田家伝縄手本、 富澤流、 戸田流、 天神真揚流、 天流、

流派な行

難波一甫流、 南蛮流、

流派は行

長谷川流、 八幡新当流、 林運右門家伝補縄術、 原流、 日域無雙一学流、 平松天流、 福嶋流、 藤原流、 武尊流、 不変流、 佛體流、 随変流、 不変流方圓流

流派ま行

水野流、 水鳥流、 武衛流、 無佳又神鳥流、 無人斉流、 夢想流、 夢相流、 無相流、 無雙流、 無双一身流、  無辺要眼流、 森流、

流派や行

八重垣流、 山田新心流、 山田流、 山本無辺流、 養心流、

流派ら行

理極流立身流

流派未整理

諸賞龍、 縄之伝極意、 偉心流、 力信流、 養心坪井流、 無究玉心流、 武蔵三徳柳生流、 揚心流、 本覺克己流、 宝山流、 日流、 日新流、 長岡兼流 直指流、 直至五侍流、

武術の歴史

1773年(安永2年)、『鏡新明智流』の道場が日本橋に「士学館」として開館。戸田流、一刀流、柳生流、堀内流の影響。

1822年(文政5年)、『北辰一刀流』の道場が日本橋に「玄武館」として開館。

1826年(文政9年)、『神道無念流』の道場が道場を開館。

資料

博物館

書籍

雑誌

引用文献

  1. 井上和夫『諸藩の刑罰』(人物往来社, 1965)。
  2. 板津和彦『一達流捕縄術』(板津和彦, 2011)
  3. 3.0 3.1 3.2 藤田西湖図解捕縄術』(名著刊行会, 2000)
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 板津安彦与力・同心・十手捕縄』(新人物往来者, 1992)

注釈

  1. 奇譚クラブ1971年(昭和46年)1月号の辻村隆 p237 「サロン楽我記」によると、「大映撮影所から電話がかかり」「『沈黙』の緊縛指導にご協力願いたい」「篠田監督に紹介され」「キシリタンが捕吏に捕らえられる際の早縄の掛け方」を「捕吏になる俳優さんにご披露」とある。ところが、奇譚クラブ1971年(昭和46年)2月号の辻村隆 p234 「サロン楽我記」には、「資金繰りがつかず製作中止」「岩下志麻さんらと相まみえる機会も遂になくした」とある。

縛り方の名称

名称のつけ方

縛りの名称のつけ方は、「縛りの目的を表す」つけ方、「縛りのを表す」つけ方、「」などがある。

  • 悪僧縄
  • 足固縄:船中に、また剛力者にも用いる
  • 違菱縄:雑人に掛ける縄
  • 笈摺縄(おいずりなわ):山伏に掛ける縄
  • 女縄

  • 返し縄:出家に掛ける縄
  • 上縄:雑人に掛ける縄
  • 切縄:首を斬る時に用いる縄
  • 軽卒草總角 (方円流)
  • 下廻縄(げかいなわ):剛力者に掛ける縄
  • 五筒縄

  • 先三形仕込 (方円流)
  • 注連縄(しめなわ):社人に掛ける縄
  • 社人縄
  • 十文字縄:雑人に掛ける縄
  • 將眞總角 (方円流)
  • 早陰十文字 (方円流)
  • 早陰菱 (方円流)
  • 早陽十文字 (方円流)
  • 早陽菱 (方円流)

  • 鷹の羽返し縄:出家に掛ける縄
  • 介縄(たすけなわ):囚人の受渡し追放放免に用いる
  • 乳掛縄(ちかけなわ):婦女に掛ける縄
  • 土行總角 (方円流)
  • 留り縄(とまりなわ):縄抜けの巧みな者に掛ける縄

  • 長袖鱗形 (方円流)

  • 早猿結 (方円流)
  • 早蜘蛛糸 (方円流)
  • 早蟹縅 (方円流)
  • 羽付縄:対決等の場合、小手を留めない
  • 引渡鎖掛 (方円流)
  • 二重菱縄:士分の者に掛ける縄
  • 本陽十文字 (方円流)
  • 本陽十文字陰 (方円流)
  • 本陰菱 (方円流)
  • 本陽菱 (方円流)

  • 女五六 (方円流)
  • 無番縄

  • 割菱縄:雑人・旅押国渡に用う

真・行・草

  • 捕縄術の名称に含まれる「真」「行」「草」は、書道の筆法である「楷書(真)・行書・草書」という 三種の筆法に関連しているという指摘がある[1]。「真」=本来の形。正格。「草」崩した風雅の体。「行」=その中間を意味し、華道・茶道・庭園・俳諧・絵画の分野でも流用。

引用文献

  1. 蓮ブログ 「真・行・草」

注釈

お役たちweb

つながり

江戸時代 捕縄術 江戸時代の責め 伝統芸能の中の責め 歌川国芳 勝川春章 歌川國貞 月岡芳年 落合芳幾 明治大学博物館 發花杖 江戸三座 中将姫の雪責め 明烏夢泡雪 魁駒松梅桜曙微 白木屋お熊 澤村田之助 草双紙