スペシャリーS&M

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
スペシャリーS&M 1979年(昭和54年)5号

すぺしゃりーえすえむ、1978年(昭和53年)6月-1983年(昭和58年)。「SUN&MOON」の流れを持つ世田介一が1978年(昭和53年)に創刊したマニア誌。翌年から編集人は山谷秋人(志摩紫光)に代わり83年まで。

概要

サンアンドムーンを離脱した世田介一が「愛の提言誌」として1978年(昭和53年)に創刊した雑誌。1983年(昭和58年)までに29冊が発行された。SUN&MOONのもつ実践マニアの情報交換誌としてのテイストを受け継いでいる。1979年(昭和54年)の第7号で編集人は世田介一から山谷秋人へ交代し、次第にビジュアル面も充実していく。後期には、SUN&MOONに関わっていた世田介一浦戸宏が再び執筆陣に名を連ねている。早い段階からSMビデオの制作にも関与していたと思われる。

発行年・出版社

1978年(昭和53年)6月、日月舎

大共社

大共出版

発行人・編集人

編集・発行者:世田介一

編集・発行者:山谷秋人

主な出来事

1975年(昭和50年)3月、奇譚クラブ休刊。

1977年(昭和52年)3月、世田介一日月舎からSUN&MOONを創刊。

1978年(昭和53年)2月、編集人を浦戸宏に据え、SUN&MOONサンアンドムーンと誌名を変更し、発売元も絃映社に変更。

1978年(昭和53年)3月、世田介一サンアンドムーンを離れる。同誌は浦戸宏が12月まで維持するが絃映社の倒産でえすとえむと誌名変更し、白竜社から1981年(昭和56年)4月まで発行。

1978年(昭和53年)6月、サンアンドムーンを離れた世田介一スペシャリーS&Mを創刊。限定3,000部。1,500円。『悦楽交歓者 記録写真特集』。「耽美座談会」に新宿太郎志摩紫光大山慶の名が。六本木薫『縛りの工夫』。

1978年(昭和53年)、通算2号。

1978年(昭和53年)、通算3号。大共社の広告が出だす。「愉芽の叢説」の副題も追加。

1978年(昭和53年)頃、貝原茂世田介一スペシャリーS&Mの編集での意見の食い違いから4号ぐらいからは実質山谷秋人が編集[1]

1979年(昭和54年)、通算5号『異常初体験特集』。大共社の広告で「スペシャリーS&M臨時増刊第1号 惑溺の競艶写真特集」「緊縛フォト集」が出ている。編集後記には「大共社のグラフィック誌に日月舎の名前が併記されているのでファンが心配」といった内容のことが書いてある。

1979年(昭和54年)6月20日、大共社より『スペシャリーS&M 特別臨時増刊第2号 惑溺の競艶写真特集

1979年(昭和54年)7月1日、通算6号。遠藤道子の特集。大共社の分譲フォト(小山啓子)の広告。伊東洋一の名前。

1979年(昭和54年)9月、通算7号。日月舎の住所が「新宿区西早稲田2-17-19大共社スペシャリー編集部」に変更。IKIKUの予告広告。

1979年(昭和54年)11月10日、通算8号。宮島貴子の特集。企画編集が世田介一から山谷秋人に交代。発行所も大共社に変更。

遠藤道子調教志願

1980年(昭和55年)1月20日、通算9号。『別冊スペシャリーSM』創刊の広告が。

1980年(昭和55年)4月1日、通算10号。

S研』の発足。8名で。「スタジオとして使っている郊外の某所」で。
雪責めの写真。

1980年(昭和55年)7月15日、通算12号。大共社の住所が「新宿区西新宿2-16-9」に変更。

1980年(昭和55年)9月15日、通算13号。大共社の住所が「新宿区西早稲田2-16-9」に

大共社主催『最終SM撮影会』のルポ。
本間明子高田静枝
S研』が『金曜会』と改名。第2回S研は5月1日、箱根で。第3回目から金曜会に。箱根のホテルで。

1980年(昭和55年)11月15日、通算14号。

志摩紫光『実践縄縛術」。

1980年(昭和55年)、世田介一絃映社の流れをもつエド・プロダクツからともえ・えがら異喜域にちげつクラブなどを創刊。

1981年(昭和56年)1月15日、通算15号。

写真集『幻華』の宣伝。
山口椿のイラスト。
「一連のSM ブームも下火になりつつあり」と編集後記に。
白川壮実践縄縛術 2』立菱縄、本繩。
大阪桜宮のホテルエンペラーでのプレイ記録。

1981年(昭和56年)3月15日、通算16号。

編集後記を藤尾高志が分担担当。
志摩紫光『実践縄縛術 3」。枡縛り
中川絹枝

1981年(昭和56年)5月15日、通算17号。

山口椿が寄稿。
白川壮実践縄縛術 4鼎縛り(かなえしばり)

1981年(昭和56年)7月15日、通算18号。

志摩紫光実践縄縛術 5」。開繩胡座縛り

1981年(昭和56年)9月15日、通算19号。

大共社の住所が「新宿区戸山3-21-1東恵ビル」に変更。
白川壮実践縄縛術 6薩摩縛り
愉芽クラブ設立。

1981年(昭和56年)11月15日、通算20号。

志摩紫光実践縄縛術」。三三角縛り

1981年(昭和56年)、『スペシャリーS&M 特別臨時増刊第10号』の編集人諏訪久三として世田介一が再び登場。

1982年(昭和57年)1月15日、通算21号。

天野哲夫天泥盛英が寄稿。
谷貫太が寄稿。
「縛り方教室」「プレイ教室」を池袋駅西口「クラプ」で毎月1回開催予告。

1982年(昭和57年)3月15日、通算21号。

白川壮実践縄縛術菱縛り
小野尾礼子晴雨幻想
「本号入稿直前‘編集長の山谷が、帰宅途上で花見帰りの酔払い運転にぷつけられ‘即入院という事態」と藤尾高志

1982年(昭和57年)5月15日、通算23号。

編集後記に藤尾高志が「山谷秋人が交通事故にあったために代わりに書いている」とある。

1982年(昭和57年)7月20日、通算24号。

山谷秋人が「業務拡充の為、出版‘印刷制作の各部門を独立させることになり‘今号から大共出版発行となります。これに伴い‘本誌増刊‘別冊の各誌も大共出版発行となります。発行所名か変わっても弊社編躾部の住所は同じて、フロア

が移動するに過ぎません。」とある。また、「「縛り方教室」「プレイ教室」の開催を中止」と。

発行所が大共社から有限会社 大共出版に変更。荒川也寸志天野哲夫等が執筆。住所は新宿区戸山のまま。
広告に「荒川也寸志写真集『ともこ 妖しさの彩り』(たざわ書房[注 1])」、「Spiral」(近代書房)が出ている。
京洛侯卿夫妻。
荒川也寸志が寄稿。「久し振りに他流試合してみませんかと志摩紫光さんにいわれ」とある。中宮栄でも。
志摩紫光実践縄縛術」。抱え縛り

1982年(昭和57年)9月日、通算25号。

六本木薫繩師の譚話
白川壮実践縄縛術逆海老縛り
一角正人本格的SMプレイ研究-吊り責め

1982年(昭和57年)11月20日、通算26号。

志摩紫光実践縄縛術 開秘縛り』。
谷貫太荒川也寸志山口椿中宮栄天野哲夫など。

1983年(昭和58年)1月20日、通算27号

浦戸宏が執筆。
「大共出版のビデオの予約」広告[注 2]が出ている。
白川壮実践縄縛術』繩掛基本
白川壮カストリ誌としてのSM


1983年(昭和58年)、通算28号、

大共出版製作のビデオの広告[注 3]。代理店として「(有)近畿出版販売ビデオ係」
山谷秋人初心者のためのSM入門
白川壮実践縄縛術 変形海老縛り

1983年(昭和58年)、通算29号、休刊。

1983年(昭和58年)2月15日、世田介一群雄新社から『SMミラージュ』を創刊。

1983年(昭和58年)、山谷秋人がDAIKYO PROから愉芽倶楽部を発刊。

1986年(昭和61年)8月1日、東京芸術新社から山谷秋人編集人でスペシャリーS&M復刊第1号。編集人が山谷秋人となっているが、志摩紫光とは全く関係がない[1]

1986年(昭和61年)、東京芸術新社から山谷秋人編集人でスペシャリーS&M復刊第2号。

1986年(昭和61年)9月1日、スペシャリーS&Mが復刊。

エピソード

  • 別冊スペシャリーS&M 群浣 創刊第1集 美囚四性隷女、淫虐秘録写真集』1982年(昭和57年)
別冊スペシャリーS&M 創刊2号 妖隷 純潔編
  • 別冊スペシャリーS&M 創刊2号 妖隷 純潔編』(編集:山谷秋人)
  • 『スペシャリーS&M 特別臨時増刊第10号』(大共社, 1981)(編集:諏訪久三)

引用文献

  1. 1.0 1.1 志摩紫光インタビュー by U, on 2017.8.14

注釈

  1. 住所は大共社と同じく「新宿区戸山3-21-1」
  2. 『SM願望』『縛られたセーラー服』『性隷調教秘録』『人妻SM強制排尿の玩弄秘炎』『被虐好女特虐秘戯』
  3. 27号の4本に加え、『愛妾淫戯陵辱嗜録』『人妻M女遠藤道子』『アナル淫虐録』『パリから来た性奴隷

お役たちweb

古書店 太陽野郎のHPから、店主の許諾を得て使用(2014.3.31)