麿赤兒

提供: SMpedia
移動先:案内検索

まろ あかじ、1943年(昭和18年)2月23日ー

概要

舞踏家、演出家。SM文化とは直接関係はないが、あちらこちらで接点がある。

別名

略歴

1943年(昭和18年)2月23日、奈良県に生まれる。

1950年代、早稲田大学文学部哲学科入学。

1950年代、山本安英の「ぶどうの会」に入団するが、劇団は半年後に解散。

1964年(昭和39年)、唐十郎の劇団状況劇場に参加。同じ頃、土方巽のアトリエに出入りするようになり、金粉ショーのアルバイト。

1969年(昭和44年)12月12日、唐十郎の状況劇場と天井桟敷が乱闘事件。寺山修司橋本光史、唐十郎、麿赤兒らが逮捕。

1972年(昭和47年)、大駱駝艦を設立、

1972年(昭和47年)9月、清風書房から創刊された『秘録SM21』に連載。

1973年頃、玉井敬友シアター喫茶・スキャンダルにて玉井敬友と共に坂本龍馬の寸劇を公演している。

エピソード

  • 麿赤兒の初監督作品が花真衣主演の『性獣のいけにえ』[1]
  • 玉井敬友麿赤兒の大駱駝艦稽古場(大森)にしばしば足を運び舞踏の基礎を学んでいる[2]
  • 「山海塾」の天児牛大など著名な舞踏家が大駱駝艦出身。

代表作

  • 荒野のダッチワイフ』(国映, 1967.10.3)(製作:矢元照雄、監督・脚本:大和屋竺、撮影:甲斐一、音楽:山下洋輔、出演:渡みき 港雄一 山本昌平 津崎公平 辰巳典子 麿赤兒 大久保鷹 山谷初男) 
  • 性獣のいけにえ』(オフィスツー, 1984.7)(配給:新東宝、製作:大阿久和夫、監督:麿赤兒、脚本:丸山良尚、出演:花真衣紫衣名 伊藤清美 古川あんず 三宅優司 松田政男 大杉漣)
  • 新宿泥棒日記』(創造社, 1969)(監督:大島渚、脚本:田村孟、佐々木守、足立正生、大島渚、出演:横尾忠則、横山リエ、田辺茂一、高橋鐵、佐藤慶、渡辺文雄、戸浦六宏、唐十郎、麿赤兒、李礼仙、大久保鷹、不破万作、九頭登、藤原マキ、山中広介、四谷シモン、若林美宏)
  • 闇の中の魑魅魍魎[注 1]』(松竹映配, 1971)(監督:中平康、脚本:新藤兼人、原作:榎本滋民、音楽:黛敏郎、出演:麿赤兒 稲野和子 扇ひろ子 田代信子 佐々木愛 加賀まりこ 龍岡晋 江守徹 中村公三郎 しめぎしがこ 南原宏治 稲葉義男 殿山泰司 本山可久子 高原俊雄 矢野宣)

引用文献

  1. Focus, 1984年(昭和59年)6月8日号
  2. 玉井敬友 私信 to U, 2012.8.30

注釈

  1. 弘瀬金蔵の物語。

お役たちweb

つながり

アリアドーネの会