土方巽

提供: SMpedia
移動先:案内検索

ひじかた たつみ、1928年(昭和3年)-1968年(昭和43年)

概要

暗黒舞踏の創始者。

別名

english

略歴

1928年(昭和3年)3月9日、秋田市に生まれる[1]

1958年(昭和33年)、土方巽と名乗りだす[1]

1961年(昭和36年)、「暗黒舞踏派」を名乗る[1]

1964年(昭和39年)、麿赤兒土方巽のアトリエに出入りするようになり、金粉ショーのアルバイト。

1967年(昭和42年)、阿部定が台東区竜泉に「若竹」というおにぎり屋を開店。土方巽は常連客[1]

1974年(昭和49年)、 目黒の自宅に「シアター・アスベスト館」をオープン[1]

1986年(昭和61年)1月21日、永眠。

エピソード

  • 夫人は元藤燁子
  • 土方巽が1960年頃に黄金町駅から徒歩5分の赤門町で暮らしており、土方門下のダンサーたちが「黄金劇場」の幕間のショーに出演していた[2]
  • 1958年からアルス・ノーヴァ(当時は現代舞台芸術協会のスタジオと読んでいたようである)の2階に土方巽が住んでいた[3]。今井の紹介で土方は黛敏郎を知る。

代表作

  • 徳川女刑罰史』(東映、1968.9.28)(企画:岡田茂 天尾完次、監督:石井輝男、緊縛指導:辻村隆、出演:吉田輝雄 橘ますみ 尾花ミキ 白石奈緒美 沢たまき 小池朝雄 山本昌平 土方巽)
  • 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(東映、1969.10.19)(企画:岡田茂 天尾完次、監督:石井輝男、原作:江戸川乱歩、音楽:八木正生、出演:吉田輝雄 由美てる子 土方巽 小池朝雄)

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり