島本春夫

提供: SMpedia
サスペンスマガジン 1975年(昭和50年)10月号のグラビア『縛悦の羞女』。モデル:橋本ゆき、カメラ:田中真也、演出:志摩基治(島本春雄の変名)。

しまもと はるお、1923年(大正12年)4月25日-2008年(平成20年)11月16日

概要

マンハント裏窓妖奇などに伝奇作品を発表。日本推理作家協会名誉会員。濡木痴夢男の後を継いで片山博友名でサスペンスマガジンの編集長。荘徹也名でSMコマンド編集長。片山博友志摩基治の変名で緊縛も担当。

別名

香山風太郎 片山博友 島本春夫 荘徹也[1] 志摩基治[1] 志摩不二[1]

略歴

1923年(大正12年)、大阪市に生まれる[2]

1930年代、大阪府立堺工業高校卒業。

1950年(昭和25年)、「妖奇」に『振袖小姓捕物控』を毎月連載[2]。挿絵は中島喜美

1951年(昭和26年)、『振袖小姓捕物控』が東映より映画化。

1950年代後半、久保書店で編集に携わり、「マンハント」にて短編を翻訳[2]

1957年(昭和32年)、小学生毎日新聞に連載していた『白蟻城』が新東宝より映画化。

1972年(昭和47年)1月、サスペンスマガジン編集人。

1977年(昭和52年)7月15日、漫画ドッキリ号7月増刊『SM大特集』の編集人(片山博友名)。

1980年(昭和55年)12、サスペンスマガジン終刊。

エピソード

  • 妖奇のメインメイン執筆者で、1949年(昭和24年)から1953年(昭和28年)まで『振袖小姓捕物控』を連載していた。自身が読者投稿欄へ自作についての書き込みを行う事もあった。
  • 当時の関係者の証言によれば、『マンハント』へ発表された翻訳作品は自分で翻訳したのではなく、下訳の文章を整えたものと言う。
  • 片山博友の変名は久保書店の近くにあった片山橋に由来する[1]
  • 志摩基治の変名でサスペンスマガジンに緊縛[1]

代表作

映画

  • 振袖小姓捕物控 快傑鉄仮面』(東映, 1951)(監督:渡辺邦男、原作:島本春雄、出演:宮城千賀子)
  • 白蝋城の妖鬼』(新東宝, 1957)(監督:曲谷守平、原作:島本春雄、出演:丹波哲郎)

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 河原梓水飯田豊一(濡木痴夢男)氏の軌跡とその仕事 -新出インタビュー原稿によせて-』立命館文學, 674:14-53, 2021.
  2. 2.0 2.1 2.2 日本推理作家協会報2008年(平成20年)12月号

注釈

  1. 妖奇」に連載していたものを書籍化

お役たちweb

つながり

須磨利之 濡木痴夢男 椋陽児