マンハント

提供: SMpedia
移動先:案内検索
マンハント 1959年(昭和34年)3月号

まんはんと、1958年(昭和33年)ー1964年(昭和39年)[注 1]

概要

中田雅久が1958年(昭和33年)に米フライングイーグル社の『マンハント』日本版としてあまとりあ社 (=久保書店)から創刊したミステリー雑誌。同時期に須磨利之裏窓の編集長をやっていた。

発行年・出版社

1958年(昭和33年) あまとりあ社

1963年(昭和38年)、『ハードボイルド・ミステリィ・マガジン』と改題し、1964年(昭和39年)1月号で廃刊。

発行人・編集人

中田雅久

主な出来事

1958年(昭和33年)8月、米フライングイーグル社のクライムフィクション誌『マンハント』日本版の創刊。

エピソード

  • 都筑道夫、稲葉明雄、山下諭一、田中小実昌らが翻訳。野坂昭如、紀田順一郎、片岡義男、小鷹信光の作品も。
  • 江淵晃夫がカット。
  • 最盛期で3万部。
  • 例えば裏窓1959年(昭和34年)1月号に宣伝

引用文献

注釈

  1. ただし1963年(昭和38年)には『ハードボイルド・ミステリィ・マガジン』と改題。

お役たちweb

つながり