妖奇

提供: SMpedia
移動先:案内検索
妖奇 1950年(昭和25年)7月号

ようき、1947年(昭和22年)ー1953年(昭和28年)

概要

1947年(昭和22年)から1953年(昭和28年)まで発行された探偵雑誌。初期はカストリ雑誌らしい作りだったが、徐々にエロスを前面に押し出した大衆小説誌となっていく。1952年(昭和27年)に『トリック』へ と誌名改題している。

発行年・出版社

1947年(昭和22年)から1953年(昭和28年)[注 1]オール・ロマンス社

発行人・編集人

発行者:本多喜久夫

編集人:本多喜久夫から芝野真川上勇之

歴史

1947年(昭和22年)7月1日、オール・ロマンス社より発行者:本多喜久夫で創刊。

1948年(昭和23年)7月、創刊1周年7月特別号に伊藤晴雨の『泥絵殺人譜』や夢野久作『童貞』など。

1948年(昭和23年)、増刊号で野村胡堂の『恋文道中記』を一挙掲載[注 2]

1952年(昭和27年)11月、『トリック』へ と誌名改題[注 3]

1953年(昭和28年)、終刊。終刊号では島本春雄の『振袖小姓捕物控』が14編再録。

代表作

関連書籍

  • ミステリー文学資料館編『甦る探偵雑誌④「妖奇」傑作選』(光文社文庫)
  • 若狭邦男『探偵作家追跡』(日本古書通信社)
  • 山前譲編『推理小説研究資料叢書1 推理小説雑誌細目総覧Ⅰ 昭和20年代篇』(私家版)

エピソード

  • 島本春雄はメイン執筆者。自身が読者投稿欄へ自作についての書き込みを行う事もあった。
  • 神木謙介と難破春雄が特殊犯罪の謎に挑む連作短編全12作を香山風太郎名義で不定期連載しており、これらは加筆・修正して裏窓へ島本名義で再録[1]
  • 創刊当初は戦前に発表された小説の再録が中心としており、その大半は『新青年』からの転載。
  • 当初は裏表紙がカレンダーになっており、後に姉妹誌ともいえる『オール・ロマンス』の広告となった。
  • 大雑把な編集方針だったのか、実際の事件を検証した新聞連載小説「小笛事件」(山本禾太郎・作)は単行本化されていたにも関わらず、読者に犯人を当てさせる試みが懸賞付きで行われている。
  • バックナンバーは東京都豊島区のミステリー文学資料館にて閲覧可能。

引用文献

  1. 若狭邦男『探偵作家追跡』

注釈

  1. 1952年(昭和27年)に『トリック』へ と誌名改題。
  2. 後に号数表記のない増刷も発行
  3. 保篠龍緒氏の蔵書にあった日本探偵作家クラブの資料によれば、「エログロ雑誌と見られたくない」という背景がこの改名にあったようだ(風俗文献談話室の黒田氏からの情報)
  4. 妖奇廃刊後にオール・ロマンスへ2話連載。風俗奇譚にも1-2作再録。後に久保書店から書籍化(1955)。この時の装丁は喜多玲子

お役たちweb

つながり