祇園祭礼信仰記

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

別名

金閣寺

歴史

1755年(宝暦5年)1月、歌舞伎『祇園祭礼信長記』が京都の沢村座、染松座で上演。夏には東京の森田座で。

1757年(宝暦7年)、中邑阿契、浅田一鳥、豊竹応律、黒蔵主、三津飲子らの合作で『祇園祭礼信仰記』が大坂豊竹座で大人気。3年越しの続演。同年に歌舞伎にも。

あらすじ

エピソード

爪先鼠

室町時代の絵師、雪舟が少年の修行僧時代、絵ばかり描いて経を読まないので、僧が仏堂の柱にしばりつけたところ、涙を足の親指に付けて床にネズミの絵を描き、感心した僧が絵の勉強を許したという逸話。

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり

伊藤晴雨 SMショーの歴史 江戸時代 捕縄術 江戸時代の責め 伝統芸能の中の責め 歌川国芳 勝川春章 歌川國貞 月岡芳年 落合芳幾 明治大学博物館 發花杖 江戸三座 中将姫の雪責め 明烏夢泡雪 魁駒松梅桜曙微 白木屋お熊 澤村田之助 草双紙