歌川豊広

提供: SMpedia
移動先:案内検索
歌川豊広 による南杣笑楚満人『敵討稚木花王』1808年(文化5年)の挿絵。客と駆け落ちした女郎を楼主が折檻する図。異端文藝1974年(昭和49年)8月号より。

うたがわ とよひろ、1774年(安永3年)-1830年(文政12年)12月21日。江戸中期の浮世絵師。歌川豊春の門人で初代歌川豊国と同門。草双紙の挿絵を多く残し、残酷絵も。門人に歌川広重

概要

江戸中期の浮世絵師。歌川豊春の門人で初代歌川豊国と同門。草双紙山東京伝曲亭馬琴らの挿絵が多い。門人に歌川広重

別名

歌川豊廣、藤次郎、一柳

略歴

エピソード

代表作

引用文献

注釈


お役たちweb

つながり

江戸時代 捕縄術 江戸時代の責め 伝統芸能の中の責め 歌川国芳 勝川春章 歌川國貞 月岡芳年 落合芳幾 明治大学博物館 發花杖 江戸三座 中将姫の雪責め 明烏夢泡雪 魁駒松梅桜曙微 白木屋お熊 澤村田之助 草双紙