新富座

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

江戸三座のひとつ「森田座(守田座)」の流れをもつ芝居小屋。

別名

守田座、新富座

所在地

歴史

1875年(明治8年)、「守田座」から「新富座」と改名。

1878年(明治11年)、ガス灯などを配備した近代劇場を新設。日本で初めて夜芝居興行。明治時代中期の演劇改良運動の場となった。

1889年(明治22年)、歌舞伎座でオープンしたこの頃の公認劇場は、大劇場が歌舞伎座明治座、深野座(新富座)、市村座春木座鳥越座で小劇場は浅草常盤座、下谷柳盛座、中州真砂座、浅草宮戸座、本所寿座、神田三崎座、赤坂演技座、駒形浅草座、四谷瓢座、根岸栄座、下谷開盛座、深川深川座だった。

1900年(明治33年)、中村歌扇が中村歌昇として初舞台[1]

1910年(明治43年)、松竹が買収。

1916年(大正5年)頃、大谷竹治郎に乞われ、伊藤晴雨歌舞伎座新富座明治座の看板、番付、舞台装置などを担当[2]

1923年(大正12年)、関東大震災で廃座。

エピソード

引用文献

  1. 伊藤晴雨非小説 性液奇譚クラブ1954年(昭和29年)2月号, p160
  2. 幻の責め絵師 伊藤晴雨』芸術新潮 1995年(平成7年)4月号, 新潮社

注釈

お役たちweb

つながり