浅草座

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

明治時代に新派の芝居をおこなっていた小劇場と戦後にストリップ劇場として知られた『浅草座』があるが、両者がつながるのかどうかは不明。

別名

所在地

浅草新猿屋町(新派の劇場)(現在の台東区駒形一丁目)

東京都台東区浅草2-9-11(ストリップ劇場)

歴史

明治時代

1889年(明治22年)、歌舞伎座でオープンしたこの頃の公認劇場は、大劇場が歌舞伎座明治座、深野座(新富座)、市村座春木座鳥越座で小劇場は浅草常盤座、下谷柳盛座、中州真砂座、浅草宮戸座、本所寿座、神田三崎座、赤坂演技座、駒形浅草座、四谷瓢座、根岸栄座、下谷開盛座、深川深川座だった。

1892年(明治25年)、沢村座として新猿屋町に開場[1]

1893年(明治26年)、市村座の消失に際し、休場していた沢村座を小劇場から大劇場への変更を認めさせ、浅草座と改名[1]

1894年(明治27年)1月、浅草座での川上音二郎一座の『意外』がヒット。出演者は川上音二郎小織桂一郎伊井蓉峰水野好美など。

1895年(明治28年)、川上音二郎が泉鏡花の『滝の白糸』を公演。

1896年(明治29年)9月8日、伊藤晴雨が浅草・浅草座川上音二郎の「日清戦争」を観劇[2]

1903年(明治36年)、国華座と改名[1]

その後、蓬莱座駒形劇場と名を変える[1]

昭和時代

1950年(昭和25年)、浅草座という「小劇場」スタイルのストリップ劇場ができてくる。音楽隊の代わりにレコード。踊りの出来ないモデルのお酌をされたりゲームをしたり。踊りの下手なグレース松原が最初。第2期の美人座、カジノ座もこの系統。「入浴ショー」などで注目[3]

1951年(昭和26年)、入浴ショーが浅草でブームに。「浅草座」は洋風のバスタブ。

浅草新劇会館内の「浅草座」に浅草シネマが入る。

2012年(2012年)9月25日、浅草シネマ閉館。

エピソード

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 伊藤経一大正・昭和初期の浅草芸能
  2. 伊藤晴雨其の頃を語る(一) 責め場の舞台装置法奇譚クラブ1953年(昭和28年)6月号, p134
  3. 小沢昭一、 深井俊彦、中谷陽「消える灯・燃える炎ー戦後ストリップ史」新劇、1973年(昭和48年)9月号

注釈

お役たちweb

つながり