中村歌扇

提供: SMpedia
移動先:案内検索

なかむら かせん、1889年(明治22年)1月18日-1942年(昭和17年)

概要

明治時代の新派女優。

別名

中村歌昇、青江久

略歴

1900年(明治33年)、中村歌扇が中村歌昇として新富座で初舞台。

1901年(明治34年)、中村歌扇と改名。

1916年(大正5年)、神田劇場の座頭。

エピソード

  • 連鎖劇で活動写真にも出演[1]
  • 六代目尾上菊五郎が「女形を習いたければ歌扇のところへ聞きに行きねいよ」と言った[2]

代表作

引用文献

  1. 河瀬蘇北『現代之人物観無遠慮に申上候』(二松堂書店, 1917), p355
  2. 伊藤晴雨非小説『性液』奇譚クラブ1954年(昭和29年)2月号, p163

注釈


お役たちweb

つながり