大谷竹治郎

提供: SMpedia
移動先:案内検索

なまえ、1877年(明治10年)12月13日-1969年(昭和44年)12月29日

概要

仕掛人。松竹の創立者。

別名

略歴

1877年(明治10年)12月13日、京都に生まれる。双生児の兄が白井松次郎。

1905年(明治38年)、大阪市南区葦原町に松竹合名会社を設立。

1914年(大正3年)、歌舞伎座の社長に就任。

1916年(大正5年)頃、伊藤晴雨歌舞伎座新富座明治座の看板、辻番付、舞台装置などを依頼[1]、伊藤静雨[2]

1920年(大正9年)2月、松竹キネマ合名会社を設立。

エピソード

引用文献

  1. 幻の責め絵師 伊藤晴雨』芸術新潮 1995年(平成7年)4月号, 新潮社
  2. 宮尾與男『伊藤晴雨略年譜』in 「江戸と東京 風俗野史」(図書刊行会, 2001)

注釈

お役たちweb

つながり