ショーアップ大宮

提供: SMpedia
移動先:案内検索

大宮美人座として1970に開館したストリップ劇場。2003〜2005年に川上譲治企画による『ザ・SM』シリーズが開催され、現在のDX歌舞伎町SM大会に続く。

S&Mスナイパー2004年6月号掲載の広告
S&Mスナイパー2004年9月号掲載の広告
S&Mスナイパー2005年2月号掲載の広告

概略

大宮にあった客席数70席ほどの小さなストリップ劇場。1970年(昭和45年)頃、『大宮美人座』としてスタートし、その後、『大宮DX劇場』、『ショーアップ大宮』と名前を変える。2001年(平成13年)に川上譲治が社長に就任してから、次々と新しい企画を出して注目を集める。2003年(平成15年)から始まった『ザ・SM』シリーズもその1つで、現在まで続く(現在はDX歌舞伎町SM大会)SMの大イベントとなっている。2005年(平成17年)から川上譲治は社長を退く。既に閉館。

歴史

1970年(昭和45年)頃、大宮美人座として開館。

1977年(昭和52年)6月、ストリップ劇場「美人座」後に、モダンアート川口DX劇場の従業員らのスタッフでスタート[1]

1978年(昭和53年)7月、川上譲治が名義社長[注 1]として参加。

1979年(昭和54年)1月、オーナーによる「脱マナ板ショー」宣言[1]

1979年(昭和54年)、大宮DX劇場にて『谷ナオミ引退興行』

1997年(平成9年)、長田英吉早乙女宏美のショー[2]

2001年(平成13年)、川上譲治が名義貸社長就任。

2002年(平成14年)9月12日、川上譲治企画による長田英吉のメモリアルショー。出演:長田スティーブ長田一美

2005年(平成17年)2月、社長交代。

2005年(平成17年)10月10日、廃業。『ザ・SM』シリーズはDX歌舞伎町DX歌舞伎町SM大会として続く。

2010年(平成22年)12月、松本格子戸シアターPOOにて『ショーアップ大宮レジェンド SM SUMMIT 2010』として4日8ステージのイベントをプロデュース。

所在地

さいたま市大宮区宮町1-105

『ザ・SM』シリーズ

2003年11月1日−10日『ザ・SMワールド』

有末剛乱田舞長田一美狩野千秋長田スティーブ風見蘭喜早乙女宏美栗鳥巣卯月妙子花真衣

2004年2月21日−29日『ザ・SMバトル』

有末剛乱田舞狩野千秋長田一美風見蘭喜ミラ狂美夜羽エマ、沙羅、優我、内山沙千佳、朋美、紗雪、七海玲央、JAM、栗鳥巣、九龍、早乙女宏美、美麗、卯月妙子、りん、美涼、はるな、美奈、すみれ、水葉、翼 、立花志保、身陀羅、花真衣三代目葵マリー、二代目一条さゆり

2004年5月21日−29日『ザ・SMスペシャル』

有末剛、はやぶさ人生、狩野千秋三代目葵マリー夏樹、川崎ランチ、りん、内山沙千佳早乙女宏美花真衣山咲美花、優我、夜羽エマ卯月妙子栗鳥巣、CoCo、優奈、若葉、霞紫苑麻屋霞寿月花、あずさ圭、荊子、九龍、桔月麻美、マメ山田、松本格子戸

2004年8月21日−29日『ザ・SMファイナル』

はやぶさ人生、圭子、七海玲央、二代目一条さゆり、さくら、有末剛&里見瑤子、ミララミィー、花真衣栗鳥巣、マメ山田、松本格子戸、藤井姫華、明智伝鬼鵺神蓮夜羽エマ、ひとみ、神凪、圭子、ROCK、乱田舞、穂高蘭、荊子、優子、紗雪、狩野千秋三代目葵マリー夏樹内山沙千佳伊藤舞

2005年1月2日−15日『ザ・ビッグSM』

早川舞、Na:na、結城あみ、花真衣明智蕾火、結、栗鳥巣、ひとみ、狩野千秋神月萌内山沙千佳、あり、葉月、華蓮、千鶴、池波翔子神浦匠、麗子、圭子、山咲美花三代目葵マリー、りん、志摩紫光まゆ有末剛、ひろみ、早乙女宏美荊子、レッドティル、島田明日香、アムリタ夜羽エマ、M女ちづる、卯月妙子夏樹千葉曳三

2005年(平成17年)春以降

以後DX歌舞伎町SM大会として続く。

トピックス

  • ショーアップ大宮を拠点にしていた林企画所属のダンサーは、閉館後郡山ミュージック劇場を拠点としていた。現在は休業中。

引用文献

  1. 1.0 1.1 川上譲治さらばストリップ屋』(朝日新聞社, 1988)
  2. 長田一美web

注釈

  1. ストリップ劇場における名義社長は、警察の手入れがあった場合、責任者として取り調べを受ける役割で、手入れがオーナーにまで及ばないようにするための防波堤の役目を果たしていた。

お役たちweb

つながり