高須基仁

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

たかす もとじ、1949年(昭和24年)12月9日-

活動内容

仕掛人。個人的にもSM愛好家で、ロフトプラスワンで「変態性欲ナイト」などの数多くのSMイベントを仕掛けた人物でもある。

別名

mot's高須

略歴

中央大学経済学部卒業

トミーに就職。

1996年(平成8年)11月27日〜12月3日、道頓堀劇場シアターDと名前を変えて、「SMテクノ・オブセッション『ジェームス・ボンデージは二度死ぬ』」。企画:高須基仁矢野浩祐、原作:森園みるく、演出:観音崎呉夫、出演:明智伝鬼

2005年(平成17年)9月6日、東京厚生年金会館にて『明智伝鬼追悼式』(発起人:団鬼六高須基仁桜田伝次郎早川佳克)

エピソード

  • 明智伝鬼ブームの仕掛け人である。
  • 「トミカ」「プラレール」「黒ひげ危機一髪ゲーム」の生みの親。
  • 「一番変態だなあと思ってたのは森園みるくでしたよ。その後、こいつ変だなと思ったのが縛り師の明智伝鬼であり、女王様の天之蘭でした。」[1]
  • 荒木経惟とは、ものすごい変態だと思ってつきあってたんだけど、現場とかで一緒にやっているうちに、俺の方がよっぽど変態だなと気付いたんですね(笑)。それは団鬼六に対してもそうなんだけど。」[1]
  • 「潜在化している本物の変態な表現者はどこにいるのかというと、それが天之蘭であり明智伝鬼でありサダージ深野であり、七海玲央だったんですね。」[1]

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 ロフトプロジェクト・インタビュー

注釈

お役たちweb

つながり