道頓堀劇場

提供: SMpedia
移動先:案内検索
2018年の道頓堀劇場

概要

東京都渋谷区にありながら、なぜか「道頓堀」劇場と名づけられたストリップ劇場。長田英吉が1978年からSMショーをおこなっていた。1950年頃には大阪の道頓堀にもストリップ劇場「道頓堀劇場」(=道劇ミュージック)があった模様。

別名

渋谷道頓堀劇場、渋谷道劇

所在地

渋谷区道玄坂 2-28-7

歴史

1970年(昭和45年)1月、開場。矢野浩祐が支配人。

1978年(昭和53年)、長田英吉オサダ・ゼミナール道頓堀劇場に出演。制作部長だった志賀直樹が説得。

1980年(昭和55年)10月、道頓堀劇場でのオサダ・ゼミナールの公演を川上譲治が観に行っている[1]

1985年(昭和60年)2月、清水ひとみデビュー。アイドル路線の幕開け。

1994年(平成6年)11月、長田英吉が葵瑠璃とショー[2]

1995年(平成7年)12月30日、閉館。フィナーレは清水ひとみのオナニーショー。

1996年(平成8年)7月、矢野浩祐が宇田川にミニシアター「シアターD」を開設。和田勉演出、小川美那子主演の『愛奴』の公演。

1999年(平成11年)、矢野浩祐が札幌に札幌道頓堀劇場を開設。

2001年(平成13年)、矢野浩祐が渋谷に道頓堀劇場を再オープン。

2002年(平成14年)5月2日、矢野浩祐ロフトプラスワンでの高須基仁プロデュース復活「変態性欲ナイトVol.27」に出演。【Guest】ゴージャス松野、倉木パパ、道頓堀劇場矢野社長、須藤甚一郎、七海玲央、さかもと未明

2005年(平成17年)6月21日、結奈美子がデビュー。

2014年(平成26年)4月21日-30日、道頓堀劇場にて浅葱アゲハ10周年記念公演。

エピソード

  • コント赤信号、ゆーとぴあ、ダチョウ倶楽部などが幕間のコントをおこなっていた。

引用文献

  1. 川上譲治さらばストリップ屋』(朝日新聞社, 1988)
  2. 長田一美web

注釈

お役たちweb

つながり