吉行淳之介

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
吉行淳之介 (1924-1994 )

よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日。芥川賞作家として知られるが編集人としても活躍。東京三世社の創立メンバー。『花と蛇』の支持者であった。

概要

小説家としても有名だが、編集人としても活躍。東京三世社のルーツである三世社の創立メンバーでもあり、同社で編集人として働いていた。

別名

english

略歴

1924年(大正13年)4月13日、岡山に生まれる。

1946年(昭和21年)、東大を中退して新太陽社に就職。『アンサーズ』の編集長を経て、『モダン日本』の編集長に[注 1]

1951年(昭和26年)、『別冊モダン日本[注 2]を作っていた牧野英二吉行淳之介、津久井柾章(名和青朗・名和左膳)と共に三世社を創立。『読切倶楽部』を創刊[1]

1953年(昭和28年)、肺結核により会社を退社[2][注 3]

1954年(昭和29年)、『驟雨』で第31回芥川賞を受賞。

1994年(平成6年)、肝臓がんにより永眠。

エピソード

代表作

引用文献

  1. Wikipedia
  2. Wikipedia

注釈

  1. このときアルバイト編集者に澁澤龍彦がいた(Wikipedia)。
  2. 1930年(昭和5年)、菊池寛によって文藝春秋社から創刊された『モダン日本』に起源をもつ。2年後にモダン日本社として独立。戦時中は『新太陽』に改名、戦後は新太陽社から復刊。1950年に『別冊モダン日本』として再生。1951年に廃刊。
  3. このWikipediaの「会社」がモダン日本社を指すのか、三世社を指すのか不明。永江朗アダルト系出版社のルーツを探せ!』in 別冊宝島「性メディアの50年」(宝島社, 1995)には芥川賞を取った後に三世社を辞めたと書いてある。

お役たちweb

つながり