胡座縛り

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

あぐらしばり

概要

胡座縛りは、脚をあぐらを組んだ状態で縛る技法を指す。多くは、脚をあぐら縛りで固定した後に、さらに上半身を折り曲げて拘束し、海老縛りへと展開する。したがって、胡座縛りとして紹介されている緊縛教材のいくつかは、実際上海老縛りとなっているものが多い。ただし、海老縛りは必ずしも脚を胡座縛り縛りにする必要はないので胡座縛りを含まない海老縛りも存在する。同時に、胡座縛りも必ずしも、状態を折り曲げて海老縛りに展開する必要も無い。

別名

あぐら縛り座禅縛り座禅転がし座禅ころがし

英語表記

解説

参考となる緊縛教材(印刷物)

参考となる緊縛教材

いろいろな緊縛師の胡座縛りの特徴

引用文献

注釈

お役たちweb

関連ページ

後手高手小手 後手縛り 両手首縛り 後手直伸縛り 襷縛り 後頭後手縛り 逆海老縛り 胡座縛り 亀甲縛り 股縄縛り M字開脚縛り よく使われる緊縛技法 M字開脚縛り 海老縛り 胡座縛り 鉄砲縛り 蟹縛り 狸縛り 獣吊り けもの縛り 牝犬縛り 雄犬縛り 熊蜂縛り 達磨縛り 天狗縛り 飛脚吊り 胡座縛り 座禅縛り 天秤棒担ぎ縛り 観音縛り 脚卍吊り 逆さ富士 上弦の吊り 千鳥饅頭縛り 白鳥の湖縛り 丸太引き 縛られた体の形態に由来する名称