「緊美研」の版間の差分

提供: SMpedia
移動先:案内検索
(緊美研で活躍した主なモデル)
77行目: 77行目:
 
==緊美研で活躍した主なモデル==
 
==緊美研で活躍した主なモデル==
 
*扇まや
 
*扇まや
*近江亜紀
+
*[[近江亜紀]]
 
*[[霞紫苑]]
 
*[[霞紫苑]]
 
*加藤雅子
 
*加藤雅子
89行目: 89行目:
 
*[[春原悠理]]
 
*[[春原悠理]]
 
*高田美幸
 
*高田美幸
*中村京子
+
*[[中村京子]]
 
*中条奈保美
 
*中条奈保美
 
*野崎紅緒
 
*野崎紅緒
*藤さとみ
+
*[[藤さとみ]]
 
*藤野裕花
 
*藤野裕花
*三上るか
+
*[[三上るか]]
 
*水城紫乃
 
*水城紫乃
 
*山口香子
 
*山口香子

2011年7月19日 (火) 22:09時点における版

『緊縛美研究会』の略。

概要

歴史

1970年(昭和45年)から豊幹一郎ユニットは「ゆたか編集室」という名義で雑誌の仕事を請け負っていた。これが緊美研の母体となる[注 1][1]

1984年(昭和59年)12月29日、不二企画のビデオ第1作が熱海旅館で撮影。後に『雨合羽と長靴』として緊美研ビデオ第1号としてリストされる[2]

1985年(昭和60年)10月27日、不二秋夫が中心となり『杉下なおみの会』第1回会合を開く。

1985年(昭和60年)12月1日、熱海旅館にて第2回会合。モデルは杉下なおみと藤森奈美江。

1986年(昭和61年)2月2日、熱海旅館にて第3回会合。『緊縛美研究会』と名称を変更。モデル:村井アキ。

1986年(昭和61年)4月6日、熱海旅館にて第4回会合。モデルは神谷琴絵。

1989年(平成元年)6月1日、緊美研通信を創刊。第39回会合

1999年(平成11年)、緊美研通信23号が最後?157回(10月3日)

1999年(平成11年)7月、ぬれきしんぶんが創刊され、その中で緊美研の話題がしばしば出てくる。2000年(平成12年)まで続く。

2002年(平成14年)、(有)不二企画が設立される。

2005年(平成17年)、不二秋夫が外れる。

2009年(平成21年)、濡木痴夢男を中心に5月に163回、7月に164回、9月に165回例会が開催された。

2010年(平成22年)11月6日、緊美研会員が集う『緊美研別会・緊縛を語る会』が開催。

緊美研のビデオ作品

初期のモノクロコピージャケット・紙ケース仕様のVHS版は、「Kシリーズ(記録のK)」「Sシリーズ(SpecialのS)」「Oシリーズ(OnlyのO)[注 2]」シリーズとして発表されている。

Aシリーズ

Bシリーズ

20まで作られたか?

  • B-05 乳虐の世界5』(不二企画, 1984?)(出演:佐藤まゆみ 近江亜紀 佐伯リカ 野口優子)

Cシリーズ

緊美研ビデオCシリーズにまとめてある。

Oシリーズ

140を超える作品が作られている緊美研ビデオOシリーズにまとめてある。


Pシリーズ

30近く?

Qシリーズ

Rシリーズ

30近く?

RBシリーズ

11近く?

Sシリーズ

緊美研ビデオSシリーズにまとめてある。

Wシリーズ

GENシリーズ

LSDシリーズ

Ladies Secret Distraction

FBシリーズ

鼻責め・顔面なぶり

緊美研のDVD作品

主にビデオ作品が再構成されて販売されている。次のようなシリーズにまとめられた。

  • 『緊縛美』シリーズ(VHS版「O」シリーズが主体)
  • 『緊縛エロス』シリーズ
  • 『緊縛浪漫』シリーズ
  • 『緊縛イズム』シリーズ
  • 『縄と猿轡』シリーズ
  • 『女腹切り作品集』シリーズ
  • 『妊産婦緊縛』シリーズ
  • 『緊縛之真髄』シリーズ
  • 『濡木痴夢男緊縛美外伝』シリーズ

緊美研で活躍した主なモデル

関連作品

エピソード

引用文献

注釈

  1. この1970年は、枷井克哉の出現時期などから照らして早すぎるのではないか?70年からあった「ゆたか編集室」に、やがて枷井、不二、須賀が非常勤でメンバとして参加し、70年代後半から豊幹一郎ユニットとして活動したのではないか?
  2. 複数のシーンを収録したKシリーズに対し、一人のモデルだけを収めたという意味で”Only"となっている(不二企画・私信)

お役立ちweb