大洋図書

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
台東区上野5丁目時代の大洋図書[1]

概要

大洋図書は出版社と書店の間をつなぐ『出版取次』会社。日本においてはこのような出版取次が大きな力をもつのが特徴。その中でも、大洋図書は取り次ぎが同時に出版社を傘下に持つ珍しいケース。ゾッキ本の取次店として戦後誕生し、ミリオン出版ワイレア出版などSMの歴史で重要な位置を占める出版社を子会社として設立した。

歴史

1952年(昭和27年)、小出英男[注 1]小出書房を設立。特価卸業務。東京都台東区上野6丁目10番22号。

1959年(昭和34年)、小出英男夜久勉、長井勝一と共に「三洋社」を設立、白土三平の『忍者武芸帳 影丸伝』などを出版[2][注 2]

1965年(昭和40年)、「株式会社大洋図書」に商号変更。

1972年(昭和47年)8月号、SMキング創刊。

1974年(昭和49年)12月9日、小出英男が死去。小出孝子が社長に[1]

1976年(昭和51年)7月、子会社としてミリオン出版を設立。まもなく二代目社長として平田明を迎える。

1990年(平成2年)、池袋に直営店「タイヨー池袋店」を開店。

1991年(平成3年)、本社を東京都新宿区天神町66丁目14番2号に移転。

1994年(平成6年)、「タイヨー新宿店」を開店。

1995年(平成7年)9月28日、晋遊舎が独立。

1997年(平成9年)11月、子会社としてワイレア出版を設立。社長は小田浩史

1999年(平成11年)、三和出版にいた山田博志大洋図書に移り市ヶ谷編集局(第一・第二編集局)を開設。

2004年(平成16年)、東京都千代田区西神田3丁目3番9号に移転。「大洋グループ本社ビル」。市ヶ谷編集局も同所に移転。

2007年(平成19年)、会長:小出英二、相談役:小出孝子、取締役社長:小出和良。

所在地

東京都台東区上野6丁目10番22号

東京都台東区上野5-3-11小出ビル (1981頃)

東京都新宿区天神町66丁目14番2号

東京都千代田区西神田3丁目3番9号

東京都千代田区九段北4-3-10トリビル2F 市ヶ谷編集局第二編集部

代表的な雑誌・書籍

雑誌

AV

Bondage Fantasyシリーズ

別冊・増刊号

  • あで姿緊縛秘悦美女特集』ラブハンター 1963年(昭和38年)3月増刊号

書籍

  • 小妻容子『小妻容子秘画帖 豊艶の濫り』(大洋図書, 2009)

エピソード

  • 「小出書房」は御徒町のガード下にあった。後の『ガロ』編集長長井勝一が出入りしていた模様[3]
  • 大洋図書 市ヶ谷編集局第二編集部が102-0073東京都千代田区九段北4-3-10トリビル2F。

グループ会社

参考資料

  1. 1.0 1.1 八木敏夫『全国出版卸協同組合三十年の歩み』(全国出版卸協同組合, 1981)
  2. 長井勝一『「ガロ」編集長』(筑摩書房, 1982)
  3. 仙田弘『総天然色の夢』(本の雑誌社, 2001)

注釈

  1. 1933年(昭和8年)ぐらいの生まれ(長井勝一『ガロ編集長』より)
  2. やがて三洋社は解散するが、長井勝一は1962年に「青林堂」を設立。