真結び

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

まむすび

概要

異なる方向の一重結びを連続した結び。

別名

本結び小間結び、横結び、男結び[注 1]

英語表記

Reef knotSquare knot、Thief knot

解説

真結び縦結びはどちらも二回連続の一重結びであるが、厳密に区別しなければならない。通常は真結びを用いる場合がほとんどである。間違いなく真結びで終わるめの簡単なルールは、縄を交差した時に、最初の一重結び縄頭縄尻の上に位置している場合は(右回し)、次の一重結びでも、縄頭縄尻の上に位置させることである。逆に、最初の一重結び縄頭縄尻の下に位置している場合は(左回し)、次の一重結びでも、縄頭縄尻の下に位置させる。縦結びは容易に結節が解けるので基本的には使わない。

引用文献

注釈

  1. 真結びの別名としての男結びとは別に、いろいろな職業で使われる全く別の男結びが存在する。男結びと呼ぶ真結びは、むしろ少数派である。

お役たちweb

関連ページ

曲げ 一重結び‎ 真結び 縦結び‎ 片花結び‎ もやい結び 男結び かます結び 8の字結び 巻き結び 一結び 二結び 掛け結び てぐす結び 中間輪結び よろい結び 一般的な結び用語