一重結び

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

ひとえむすび

概要

最も単純な結び方。右回り一重結び左回り一重結びがある。いろいろな縛りの最もシンプルな要素の1つと考えて良い。

別名

一つ結び

英語表記

Half knotOverhand knot

解説

  • 縄を交差させた状態で、右手に縄頭がある方が上側にある状態で開始する場合、右回り一重結びとなる。 逆に、下側にある状態で開始する場合、左回り一重結びとなる。 
  • 柱の回りに一回しして一重結びしたのが一結びとなる。したがって、単柱縛りの最も簡単な技法が一結びである。
  • 同じ方向に複数回一重結びしたものを縦結びと呼ぶ。
  • 異なる方向の一重結びを連続した結びを真結びと呼ぶ。

引用文献

注釈

お役たちweb

関連ページ

曲げ 一重結び‎ 真結び 縦結び‎ 片花結び‎ もやい結び 男結び かます結び 8の字結び 巻き結び 一結び 二結び 掛け結び てぐす結び 中間輪結び よろい結び 一般的な結び用語