縄尻

提供: SMpedia
移動先:案内検索

なわじり

概要

広義には「縄の端」。古くは、「罪人などを縛った縄の一端を余して連行する人が持つ部分」を意味していた。この場合、なが縄と同義。後者の用法から転じ、緊縛分野では、緊縛操作の起点としての「縄頭」の対語として用いられる場合もある。すなわち、2つに折った縄(折り掛け縄) の、開放端(折り返しではない方)を指す。

別名

英語表記

Nawajiri

解説

雪村流における縄尻

一般的には縄尻を、2つに折った縄(折り掛け縄) の「開放端」(折り返しではない方)を意味する表現として用いる場合が多い。 しかしながら、雪村春樹雪村流では、縄尻を縛り手による「受け手のコントロールに用いる縄」として用いている。すなわち、縄の特定部分を表わすというよりはむしろ、機能的な分類による縄の種類を表している。この意味では縄尻の古典的な用法である「罪人などを縛った縄の一端を余して連行する人が持つ部分」に近い使い方とも言える。

雪村流では「後手縛りの手首近く」「足首」「首」「髪」などにコントロールの起点となる「留め」や「結び」を形成し(これを「縄尻を取る」と表現する)、ここから伸びるいわゆる縄の端、すなわち一般的な意味での縄尻を引く際の「力」「方向」「質」を変えることで(これを「縄尻を引く」と表現する)受け手の感情のコントロールをおこなう。同時に、受け手からの反応を縄尻を通じて受け取る。すなわち、「縛り手」と「受け手」がコミュニケーションをおこなう機能をもった縄が『縄尻』となる。

雪村流での「縄尻」の用法

  • 縄尻:「後手縛りの手首近く」「足首」「首」「髪」などにコントロールの起点部分から、縛り手が握る縄の部分までの領域に相当する縄を意味する。受け手とのコミュニケーションに用いる、機能的な分類での縄のこと。
  • 縄尻を取る:「後手縛りの手首近く」「足首」「首」「髪」などに縄尻の起点となる「留め」や「結び」を形成すること。
  • 縄尻を引く縄尻を引く際の「力」「方向」「質」を変えることで受け手の感情のコントロールをおこなうこと。縄を用いず、縄尻の起点となる「後手縛りの手首近く」「足首」「首」「髪」部分を、直接手でコントロールする場合もある。

引用文献

注釈

お役たちweb

関連ページ

縄頭 縄尻 縄先 はし縄 長縄 もと縄 折り掛け縄 コブ縄 一縄 二縄 軸縄 抜き縄 返す 飛ばす 支点 引く 絞る 留め 三点留め 縄筋 縄目 わり 絞り縄 足し縄 足し縛り 掛け のの字掛け 結び切り 緊縛用語集