新派

提供: SMpedia
移動先:案内検索

しんぱ

概要

1880年代後半(明治20年代初め)に誕生した演劇の流れ。それまでの歌舞伎を「旧派」として、それに対する「新派」。

歴史

1889年(明治22年)6月12日[注 1]、大阪新明座[注 2]で公演で角藤定憲を座長とした壮士芝居が誕生。1903年(明治36年)頃まで続く壮士芝居の1つの特徴として、女の責め場が多用されたことがあげられる[1]

1891年(明治24年)2月、川上音二郎を座長とした川上一座が堺市の卯の日座で旗揚げ。書生芝居と呼ばれた。同年、浅草・中村座で「板垣君遭難実記」[1]

1894年(明治27年)、日清戦争開戦にあわせた川上音二郎壮絶快絶日清戦争』が大人気。

1895年(明治28年)、川上音二郎歌舞伎座で「威海衛陥落」を上演[注 3]。泉鏡花の『滝の白糸』を浅草座で公演。

引用文献

  1. 1.0 1.1 伊藤晴雨其の頃を語る(一) 新派劇の責場奇譚クラブ1953年(昭和28年)6月号, p134

注釈

  1. Wikipediaでは1888年(明治21年)12月となっている。
  2. Wikipediaでは新町座となっている。
  3. 市川團十郎は大激怒。

お役たちweb

つながり

伊藤晴雨