東龍

提供:SMpedia
から転送)
東龍が講師の一人である古式縄塾のチラシ。

ひがし りゅう、19??年(昭和??年)-

概要

大阪出身の縛り手。

別名

東龍

略歴

2010年(平成22年)5月、あじしおより女性向け性感マッサージ、タイ古式マッサージ、オイルマッサージ等、マッサージ全般を学ぶ[1]

2010年(平成22年)8月、弥勒女王から緊縛を学ぶ[2]

2011年(平成23年)2月、峯山夜叉から緊縛を学ぶ[2]

2013年(平成25年)4月、†Siva†から緊縛を学ぶ[2]

2016年(平成28年)7月17日、Studio All-inにてレミコの部屋主催「真夏のホラー劇場2016」に出演。受け手は麻央[1]

2017年(平成29年)2月26日、全日本緊縛博覧会†Siva†のブーススタッフを担当。

2017年(平成29年)10月21日-22日、Mkスタジオにて『大縄あそび Vol.11』。出演:タケちゃんSiro紫草麻蝋ヨッシーSivaSaw貴雪タカ様Nuit de Tokyo蓬莱かすみふぅWestKira縄之丞Davide La GrecaMike West紫護縄びんごエロ王子吉田よい。 モデルは「麻峯(おね)」[3]

2018年(平成30年)11月17日、『大縄あそび Vol.11』出演。モデルは「あみ」[3]

2018年(平成30年)11月27日、エコールでの緊縛ライブショーに出演。受け手はうに

2019年(平成31年)1月より、エコールにて鉄鎖による鎖緊縛の公開を始める。

2019年(平成31年)6月9日、丞夜倶楽部にて『第7回 大縄あそび in 大阪』出演。モデルは「うに」。

2019年(平成31年)7月14日、Studio All-inにてレミコの部屋主催「真夏のホラー劇場2019」に出演。受け手はうに[1]

2019年(平成31年)7月15日、エコールでの緊縛講習会講師。

2019年(令和元年)7月27日、桜田伝次郎プロデュースによる『古式縄塾』の講師。

2019年(令和元年)11月17日、スタジオキコリにて『大縄あそび Vol.13』出演。モデルは「麻央」[3]

2019年(令和元年)12月27日、Studio All-inにて殿の縄教室忘年会にゲスト出演。モデルは「麻央」[3]

2020年(令和2年)2月、鶯谷南口にプライベートスタジオ「studioh」を開設[3]

2020年(令和2年)8月、殿の縄教室開催場所が鶯谷北口から「studioh」に移動[3]

2020年(令和2年)10月26日より、「studiohにてSMサロン「喜楽院」と持寄り飲み会「東会」の開催を開始[3]

2020年(令和2年)11月15日、池袋 Mistress Bar Guernicaにて『縛羅天2』出演。モデルは「麻央」[3]

2020年(令和2年)12月より、殿の縄教室開催場所が「studioh」より目黒に移動[3]

2021年(令和3年)7月24日、Studio All-inにて十四兵衛の俺縄発表会でゲスト出演。モデルは「スミレ」[3]

2021年(令和3年)11月3日、柏 SM Hotel-Xにて体験緊縛と物販ブース出店[3]

2021年(令和3年)11月21日、新宿 S3 Studioにて『縛羅天3』出演、モデルは「どぎー」[3]

2022年(令和4年)4月10日、池袋 Guernicaにて『縛羅天4』出演、モデルは「ゆきこ」。

2022年(令和4年)9月25日、錦糸町のSMバー「ミラージュ」のオープニングイベントに出演。

2022年(令和4年)10月2日、ミラージュオープン記念イベント『第一回緊縛祭』に出演。

エピソード

  • 生家の事業の関係で、大量の縄や滑車、首輪、革製品、鎖等に囲まれ幼少期を過ごす[1]
  • 通常の麻縄に加え、麻の長縄、綿縄から鎖、滑車に拘束具も使う[1]
  • 浣腸や医療系プレイもおこなう[1]

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 東龍 私信 to U, 2019.7.31
  2. 2.0 2.1 2.2 東龍 私信 to U, 2019.7.8
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 東龍 私信 to U, 2021.11.25

注釈

お役たちweb

つながり