本多喜久夫

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

ほんだ きくお、1920年(大正9年)-1973年(昭和48年)[1]

概要

戦前、映画雑誌を発行・編集する傍ら、各社から翻訳ものを中心に著作活動。戦後はオールロマンス社を設立し、妖奇オール・ロマンスを創刊[1]。日本探偵作家クラブ会員。近年、『妖奇』連載作品「生首殺人事件」が光文社文庫の『「妖奇」傑作選』へ再録され、手軽に読めるようになった。

別名

english、本多喜久雄、尾久木弾歩[注 1][1]、輪堂寺耀[注 2][1]

略歴

1920年(大正9年)、誕生。

1941年(昭和16年)、エドガー・ルイス・バローズ『ターザンの冒険』(新興音楽出版社)の翻訳。

1946年(昭和26年)、オール・ロマンス社名で邦枝完二毒婦暦』を発行。

1947年(昭和22年)、『妖奇』創刊。

1948年(昭和23年)、『オール・ロマンス』創刊。

1951年(昭和26年)、「オール・ロマンス事件」

1973年(昭和48年)、死去。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 零魂より

注釈

  1. 小説執筆時に用いた変名。「ほんだきくお」を逆読みにして当て字で作った名前。本人の他に何人かの投稿者も用いた共同筆名でもあるらしい。
  2. 小説執筆時に用いた変名。正体についてもいくつかの説。鮎川哲也のエッセイによれば、"尾久木弾歩"同様に本多喜久夫が作り出し、自分も使うとともに、共同筆名として他の投稿者・作家にも使わせたものだという。

お役たちweb

つながり